カテゴリ:├2018チベット・成都・西寧( 8 )
成都の食

チベットのラサ空港から2時間ほどの成都という都市。

a0027862_16554456.jpg
ここは四川省、「川菜料理」が有名です。
川菜料理とは四川料理の事、そうです、から~い料理天国の場所になります。
それほど期待はしていなかったのですが、四川料理ものすごくおいしかったです。

一日目に行った有名店「陳麻婆豆腐」、こちらは名前のとおり麻婆豆腐が有名です。
a0027862_16562755.jpg
ガイドブックにも載っているほどの有名店なので中国の観光客にも大人気、とても混んでいました。
もちろん麻婆豆腐をオーダーします。大と小がありますがびびって小を注文。
a0027862_16565784.jpg
からいのはもちろんの事山椒のしびれるような辛さが四川料理といった感じ。
現地の方はご飯にかけて食べていました。からいけど深みのあるおいしさで大でもよかったなと思いました。
a0027862_16573354.jpg
汁なし担々麺も頼んでみました。こちらでは汁なしが普通です。
からいものは意外と大丈夫な夫婦ですがこれは辛くて食べられませんでした。
ラー油の辛さが半端なかったです。

あと絶対に食べたかったのは火鍋。

a0027862_16593912.jpg
火鍋のお店は成都のあちこちで見かけました。どこの店もお客さんでいっぱい。
私たちが泊まったホテルの目の前にあった蜀九侠はすごい行列だったので翌日早めに行って行ってみました。
a0027862_17083347.jpg
お店の前で人がたむろしているわけではありません。皆入店を待っている人たち。
私たちがお店を出た7時過ぎにはざっと30組以上は待っていました。

火鍋で現地で人気の具と言えば千層肚(牛や羊などの胃袋)、黄喉(牛の喉)、
タウナギだそうですが、どれも上級者向けなのでノーマルな具をオーダーしました。
牛肉、豚肉、ラム、白菜、しいたけ、豆腐、エビのすり身のワンタン包みを。

スープは現地の方はほぼ辛いスープですが、私たちは保険の為に辛と白湯の2色スープを。

a0027862_17103097.jpg
a0027862_17205485.jpg
見よ!この辛そうなスープを!
まわりの白湯にはトマト、しいたけ、えのき、棗の実、ネギが入っていました。
辛いほうは唐辛子しか見えません・・・
辛さも微、小、中と3段階選べます。もちろん「微」をオーダー。
それでもすごくからかったです。唐辛子が丸ごとごろごろ浮いた真っ赤なスープ。

でもこの辛いスープにくぐらせてそのまま食べるのではなかったのです。

食べ方がすごくおもしろかった、想像していたものとは全く違いました。

まず一人一本、ラー油の瓶がもらえます。(写真右)

a0027862_17235977.jpg
これをパカっと開けて取り皿に注ぎ、テーブルに置いてある酢(写真左)をどぼどぼっと入れます。
そしてパクチーたっぷりと生ニンニクもたっぷり入れて後は味の素(お酢の瓶の後ろに写っている容器に入っている)を入れたらつけダレの出来上がり。

ほぼオイルにつけるってどうなのかなと思ったのですが、酢と混ざることによりドレッシングみたいになってくどくならないのです。パクチーもたっぷり入れるのがおいしい秘訣。
ラー油はそれほど辛くありません。

白菜などの野菜は透明スープを皿に取って食べた方がおいしいです。

日本でもこの四川風にオイルをつけて食べる火鍋はあるかしら。


あと四川料理といえば回鍋肉と棒棒鶏、チンジャオロースもそうなんですよ。
回鍋肉も日本のイメージと違いました。

a0027862_17275827.jpg
キャベツと炒めるのではなく、豚肉と青ネギ、キクラゲがたっぷり入っていました。
こちらも豆のソースで炒めてありすごくおいしかった!
棒棒鶏も日本だとゴマダレで食べることもありますが、こちらのものは真っ赤。
a0027862_17285607.jpg
さぞかし辛いのかと思っていたらそれほど辛くありませんでした。
骨付き鶏とピリッとしたラー油がおつまみにぴったりだと思います。

中国の食、特に四川料理は本当に気に入りました。
チベットのガイドさん曰く、ラーメンは日本のものが一番といっていましたが。


by mumo1229 | 2018-05-13 17:30 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(0)
チベットの食

もともと遊牧民だったチベットの人たちの食事はシンプルなものになります。
「Tibetian Dish」を違う店で頼んでみたらほぼ同じものが出てきました。
a0027862_19210149.jpg

生姜のスープ、(チキンor ヤク)のカレー、ほうれん草のスープ煮です。
ヤクの肉はよく食べられていますね。

a0027862_19231784.jpg
こちらがヤクです。あちこちで放牧されていました。
これは観光地で写真撮影用にドレスアップしているヤク達です。
牛の仲間で牛肉よりちょっとクセがある感じ。
ヤクのヨーグルトはとても酸っぱいものでした。普段は無糖でヨーグルトを食べますが
これはあまりに酸っぱくて何もなしだとちょっとキツイ。
ヤクのヨーグルトはこんな味なのだそう。
一番上の写真、左の味噌みたいなものはすごく辛い調味料。
どうやって食べるの?と聞いたらどれに混ぜても良いとの事。
確かにカレーも全然辛くなかったので辛い物好きの人はこれを混ぜると良いかもしれません。
全体的にシンプルでおいしかったです。

a0027862_19252168.jpg
こちらはヤク肉の入った揚げパン。
朝はこちらの人はバター茶とプレーンな揚げパンを食べるみたいです。
a0027862_19253873.jpg
揚げパンもよく売られているのを見ました。私も買ってみましたが油っぽくなくおいしかったです。はちみつとかジャムをつけてもおいしいだろうな。
a0027862_19261774.jpg
バター茶を飲む機会はなかったのですが、朝はこれを飲まないと元気が出ないとの事。

チベットは羊やヤクばかりかと思ったらチキンもよくありました。
ポークは少なかったけどね。こんな高地ですが野菜もハウス栽培で色々な種類が出回っているとの事。
果物もいろいろありました。

スイーツはどんなものがあるのですか?と聞いてみたところ甘~い紅茶を飲むのだそう。
老若男女問わずこれを飲みながらずっとおしゃべりするのだとか。

a0027862_19270325.jpg
チベットには茶館がたくさんありますが、観光客の人には入りにくいお店も多いです。
a0027862_19271721.jpg
お茶を頼むとポットで出てきます。これなら冷めなくていいですね。
紅茶はミルクが濃厚で本当に甘~かったです。


by mumo1229 | 2018-05-12 19:20 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(0)
西寧の食

チベット旅行への足掛かりとなった都市、西寧はあまり日本では知られていませんですよね。
ここは冬虫夏草が有名なんですって。

a0027862_21101566.jpg
あんまり興味はないですがあちこちに冬虫夏草と書いてあるお店がありました。

ここは中国ですがイスラム色が強い街だと思いました、歩いている人も中国というよりイスラムの国の人みたい。
エキゾチックな顔立ちの方が多いです。

街の食堂はとにかく「牛肉面(麺)」と書いてあるところが多かったですが羊の肉を扱っているお店も多かったです。

店頭で焼いているラムのバーベキューの香りに惹かれて入ったお店。
a0027862_21225562.jpg

店頭で焼いているラムのバーベキューの香りに惹かれて入ったお店。

a0027862_21110805.jpg
ラムの串焼き。私はラムが苦手なのですがこれはくせがなくておいしかったです。5本で150円くらいかな。

あとは羊肉面片(大)(写真右)12元(約230円)、干炒面片(小)10元(180円)。
a0027862_21113648.jpg

この麺がすごくおいしかったです。「面片」(メンピエン)とは手打ちの太麺を短くちぎってあるもの。
きしめんみたいにつるっとしています。それと細麺がミックスされてはいっています。
炒め麺も汁麺も両方ともトマト味、タバスコみたいにちょっと酸っぱからい味で薄味なのにコクもあって
スープには薄い油の膜が張っていてアツアツですごう気に入りました。

炒めた面片のほうにはズッキーニと白きくらげが入っています。
麺が180円だなんてこんなに安く食べれて幸せでした。
ふらりと立ち寄ったお店は大当たりでした。これだけを食べにまた西寧に行きたいくらいです。


by mumo1229 | 2018-05-08 21:26 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(2)
チベット観光

昨日夜遅く帰国しました。
チベットは本当に素晴らしいところでした。
信仰が日々の生活に根付いていると感じました。

a0027862_22522555.jpg
朝早くから夜遅くまで手にマニ車を持ってお経を唱えながらジョカン(大昭寺)の周りを歩く人々。
それに五体投地でお寺のまわりを祈りながらまわります。
五体投地(ごたいとうち)とは、五体すなわち両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝することである。仏教において最も丁寧な礼拝方法の一つとされ、対象への絶対的な帰依を表す。 (by Wikibedia)
a0027862_22585016.jpg
長生きを祈るのだそうですが、おいしいものを食べたいとか楽しいことをしたいから長生きしたいというのではなく、
もっと修行をさせてくださいという意味で長生きを祈るのだそうです。私も自分の生き方を考えさせられます。
a0027862_22591573.jpg
a0027862_22595227.jpg

お寺にある巨大マニ車。

a0027862_23001911.jpg
これを回した数だけお経を唱えたのと同じ効果があるものです、チベットでやってみるのが夢でした。
すべてしっかり祈りをこめてまわします。

若い修行僧の問答も見学する事が出来ます
a0027862_23071223.jpg
普通の学校は今の社会を生きる為の知恵をつけるところ、僧侶の学校は来世を生きる為のところだそう。

こちらはチベット観光のハイライト、ポタラ宮。

a0027862_23022433.jpg
ダライラマが過ごしたお部屋などを見ます、ここは上まで階段であがるのです。
ただでさえ高地で息がきれるところですがぜいぜい言いながら登りました。
上からの景色は格別です。ここラサは高い山々に囲まれていますがその山がきれいです。

a0027862_23032578.jpg
ラサ3日目は車で2時間程のドライブでヤムドク湖に行きました。
ここは標高が5,000m程でまわりも雪がありました。
a0027862_23034632.jpg
とても寒かったです。
標高が高いので長くは滞在出来ませんでしたが空気もとても美しかったです。
この後成都に行ったのですがラサの空気の良さが改めてよくわかりました。
毎日夜中に頭が痛くなって目が覚めましたがようやく3日目に痛くなくなった頃次の都市に移動することになりました。

今回持参して正解だったもの
ダウン、マフラー、日よけの帽子、サングラス、美白のマスク、リップクリーム


持って行ったけど必要なかったもの
手袋、毛糸の帽子、カイロ、タイツ

朝晩は0度近くまで気温が下がりますが日中は12度くらいまで気温が上がります。
ガイドさんはこの季節、一日に春夏秋冬すべてが訪れると言っていました。
それに高地は紫外線はとても強いです。
標高が1,000m上がると地上の10%紫外線が増えるそうですが、チベットは3,000m超えでしたからすごい紫外線だったのだと思います。
毎日日焼け止めをばっちり塗ってサングラスと帽子でケアしていました。
それに乾燥すごいので肌や髪にはよくない環境だったと思います。フェイスマスクは毎日使っていました。唇もバリバリに渇いてしまったのでこれからしっかりケアします。


by mumo1229 | 2018-05-06 23:10 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(0)
夢の青蔵鉄道

今日はチベットのラサから飛行機で2時間、成都という都市にやってきました。
今朝までダウンジャケットとマフラーでぶるぶる震えていたのに
こっちは30度近くあって身体がついてきません。

さて、西寧から陸路チベットへ向かった列車の旅のお話を。

a0027862_16354726.jpg
中国の西寧駅を出発した青蔵鉄道はチベットの拉薩へと向かいます。
a0027862_16365277.jpg
上から4番目が私たちが乗る鉄道。

ラサへは飛行機でひょいっと行くことも出来るのですがこの鉄道に乗ってみたかったのです。

それには高山病対策の効果もあります。
飛行機でいきなり高地に降り立つと高山病の症状が出る人も多い様ですが、
こちらは鉄道で徐々に慣らしていくというもの、それでも症状が出る人は出るみたいですけどね。

a0027862_16385206.jpg

出発地は標高2,275mで途中世界一高い鉄道地点5,072mの箇所も通ります。
まだ富士山も登ったことがないのに!

a0027862_16394334.jpg
お菓子の袋もパンパン。
一人1つ、ベッドの横には高山病用に酸素が出てくる穴もあります。
a0027862_16403178.jpg
具合が悪くなったら係員の人からチューブをもらい、ここから酸素を吸います。
幸い私はお世話にならずに済みました。


青蔵鉄道には軟臥(寝台一等)、硬臥(寝台二等)、そして硬座(二等)の3種類があり、私たちは軟臥を予約してもらいました。

a0027862_16412753.jpg
これは4人1つの二段ベッドの部屋です。同室はラッキーな事に日本人の方でした。
a0027862_16423028.jpg
私たちは二人とも二段ベッドの上だったのですが、カーテンとかがないので
上なら寝てる姿を見られる事もないし結構広くて快適でした、
揺れも気になりませんでした。

二等寝台の硬臥は三段ベッド×2の6人部屋。硬座はイス席です。

この鉄道、1日に5便ほどあり到着時間の関係でもう一本後のものにしようと思っていたのですが、北京発なのでやめたほうがいいですと言われました。
なぜなら北京から西寧まで前の人が寝ていたベッドをきれいにせずにそのまま使う事になるのでとの事。
日本では考えられないですが、さすがに知らない人が寝ていたベッドにまた寝るのはあり得ないので西寧発の列車を選びました。よかったです。


a0027862_16445185.jpg
食堂車もついているので夕食はそちらでとりました。これで95元(約1,600円)
a0027862_16453997.jpg
節約したい人はカップ麺用のお湯も出ますし、お弁当も売りに来ます。
a0027862_16461706.jpg
お弁当は10~30元でした。
朝はお弁当を買おうかと思っていたのですがあまりお腹がすいていなかったので持ち込んだみかんやらヨーグルトやらで済ませました。

a0027862_16465988.jpg
洗面所もついていますが、徐々に皆がカップめんの残りやら茶葉の残りを捨てるので水がつまる結果に。
そしてトイレは1車両に2つあるのですがこれも途中で全く流れなくなって恐ろしいことに・・・

なので女子にはキツイものがあります。
さすがの私もあのトイレは泣きそうになりました。
でもそれも帳消しになる程素晴らしい体験ができたと思います。

a0027862_16502730.jpg
朝目が覚めると4,000m級の山々と雪景色が。
途中で停まった駅で降りて見たらダイヤモンドダストがキラキラしていました。
ラサへ近づくにつれ、雪もなくなり草も多くなってきました。 つづく・・・


by mumo1229 | 2018-05-03 16:36 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(0)
チベットへ行くまで

今朝2時頃、頭痛で目が覚めました。
頭が痛くてどうしようもないので日本から持参したバファリンを飲んだら落ち着きました。
典型的な高山病ですね。朝になったら幸い頭痛はおさまっていたので無事今日は観光もできました。

さて、ここではチベットに行くまでの話を。

チベットは中国、中国に行くにはノービザですがチベットに入境するには事前準備がいります。
外国人パーミットというものを中国公安に発行してもらわなければならないのです。これがないと西寧でチベット行きの列車に乗ることも出来ませんし、現地でホテルに泊まることも出来ません。
ホテルも本土からの中国人専用の宿が多く、外国人が泊まれるところは限られています。

パーミットを取得するには3週間くらいかかります。
私は西寧の旅行代理店にお願いしました。

a0027862_21521284.jpg
パーミットだけは発行してもらえず、現地ガイドの予約もしなければ発行してもらえません。
一番簡単なのは日本からのツアーを申し込む事でしょうが、そうすると旅行代はとても高くなります。

また、現地ではガイドと一緒でなければお寺に入ったりの観光もできません。
バスに乗って移動することも出来ず、ガイドと一緒に専用の車で移動します。
(とはいえ実際に来てみたら個人で街を歩く分にはガイド同行でなくても大丈夫でした)

私たちが西寧の代理店に手配した代金は3日間のガイドと車での移動代、お寺などへの入場料と
空港・鉄道駅までの送迎で10万円×2人分!
日本語を話すガイドさんの値段なので、英語ガイドさんだと少し安くなるみたいですがあまり変わらなかったので日本語ガイドさんをお願いしました。

でも結果的にはとてもよかったです。

昨日ホテルにチェックインした際も英語が全く通じなかったのですが、一緒にいたガイドさんが
やりとりをしてくださり助かりました。
今日もスーパーマーケットの場所まで車で案内してもらったり、きめ細かなサービスで満足しています。


by mumo1229 | 2018-05-01 21:51 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(2)
ラサへ到着

うすい・・ たかい・・・ 空気が薄い・・

そうですここはチベットの拉薩(Lhasa・ラサ)という街

a0027862_18123058.jpg
中国の西寧から寝台列車の青蔵鉄道に乗って21時間かけてやってまいりました。

鉄道のレポートはまた別途書きたいと思いますが、鉄道列車は新鮮で強烈でした。

ここは3,640mと高所のため私も旦那様もうっすら頭痛がしています。
今日はお昼頃到着しましたが高所に慣らすために本格的な観光は明日からスタート。
今日はゆっくり過ごします。


by mumo1229 | 2018-04-30 16:40 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(2)
Xiningに到着

土曜日私は西宁に到着しました。
ここは中国、位置的にはこんなところです。

a0027862_00224247.jpg
北京まで3時間45分、そこから乗り換えて2時間45分です。
時差が1時間なのでとても楽ですがちょっとしたハプニングが。

羽田から北京に行く便が2時間遅れた為、西寧に行く便に間に合わなかったのです。
幸い夕方のフライトに空きがあったので換えてもらう事が出来ましたが、
日曜日はまた別のところへ移動する予定なので本当に焦りました。

香港や台湾には行ったことがあるけど中国本土に降り立つのは実は初めて。
標高2,275mの都市なので東京より気温が低く、夜は0度近くまで冷え込みます。
なんか心なしか空気が薄くて少し歩くと息切れするよ・・・



by mumo1229 | 2018-04-29 00:26 | ├2018チベット・成都・西寧 | Comments(0)