タグ:その他ヨーロッパで買ったコスメ ( 60 ) タグの人気記事
クロアチアで買った唯一のコスメ
クロアチアのドブロヴニクのフランシスコ会修道院に併設されている「マラ・ブラーチャ薬局」
(Ljekarna Mala Braca)は1391年開業でヨーロッパで3番目に古い薬局。
a0027862_21344964.jpg
そちらのオリジナルコスメです。

サンタマリアノヴェッラ薬局は世界一古いんだっけ、と調べてみたら800年の歴史との事。
という事は1番はサンタマリアノヴェッラ、2番目がどこだか気になるね。

a0027862_2136254.jpg
Aqua rosac、ローズウォーターです。
友達にお土産として買ってきたので外観だけぱちり。友達にあげた時香りをかがせてもらいましたが
ローズのいい香り~。
化粧水として保湿力が足りなかったらメイクの上から使うミストとして使っても良いですね。

a0027862_21364898.jpg
ここの薬局には他にはフェイシャルクリーム、ハンドクリーム、リップバームなどがありました。
フェイシャルクリームは悩みに合わせて5種類ほどありました。
後は普通にラロッシュポゼとかEVIANとかパリの薬局で手に入りそうなコスメがちらほら。
ローズウォーターが人気との事で買ってみましたが、ドブロヴニクに行ったら寄ってみてください。

あと、クロアチア版青の洞窟があったフヴァル島の名産はラベンダー。
ラベンダーって北海道っていうイメージがあって涼しいところにあるのかと思っていました。
フヴァル島にはポプリなどのラベンダーグッズがたくさん、ホテルのアメニティもラベンダーでした。
a0027862_21373577.jpg


a0027862_21375293.jpg
そしてこちらは海綿。クロアチアでは街の雑貨やさんや薬局、空港など本当にあちこちで見かけました。
a0027862_21381739.jpg
この大きさで500円位だったかな。アドリア海産のものです。
日本で買うと海綿って高いでしょう、日本で調べてみたらアドリア海産のものは2,000~3,000円もしました。
海綿って初めて使いました。
乾いた時に触った時はちょっとざらざらしてたので肌に刺激があるのかなと思っていたのですが、
水につけたらふわっふわ。 今まで触ったどんなスポンジよりも柔らかいのです。
手の中でぎゅーっと握るとすごく小さくなるので、もっと大きなものを買ってもよかったかな。
本当に柔らかくソフトで他のものに例えようがないです。 冬の乾燥したお肌にはすごく良いと思います。

      
by mumo1229 | 2012-10-24 21:46 | スキンケア(日本未発売) | Comments(4)
UJE@クロアチア
今年の夏クロアチアに行ったときに見つけたお店です。
クロアチアのナチュラルな食材が売っているお店、「UJE」(ウイエ)。
a0027862_17102587.jpg
クロアチアのSplit発祥のショップだそうですが、ドブロヴニクでも見かけました。
私はドブロヴニクのショップで購入。ボトルとかすごくおしゃれなんですよ。
お土産も含めて色々買ってきました。

店内にはジャムやパスタ、ペーストやドライいちじく、オリーブオイル、スパイスなどがたーくさん。
a0027862_17104045.jpg
ここ女子なら絶対好きなお店。

クロアチアはトリュフが名産との事で左は友達にあげた黒トリュフ。
a0027862_17105285.jpg
右は白トリュフとキノコのペースト。
会計の時レシピブックをくださったんです。なんと日本語の記述もあったの。
a0027862_1711617.jpg
トリュフペーストは自宅用に買ったんですが、これを使ったパスタのレシピもあったので活用しました。
トリュフソースを使ったパスタやお肉、お魚料理のレシピが載っていて参考になりました。

a0027862_17112271.jpg
前はお土産にした3つの瓶詰め。後ろのスナックは帰りにクロアチアからフランクフルトへ飛んだ時に
クロアチア航空の機内で出たスナック。UJEのものだったんです。オレガノスティック。
機内のスナックといえばカロリーの高そうなピーナッツなんかも良いですが、これは素朴な味わいでおいしかったです。

石けん2つもお土産に。
a0027862_17114411.jpg

左はセントジョンズワート&レモンオイル。右はカモミールとアーモンドオイル。
どちらも喜ばれました。

UJEはオリーブオイル、ハチミツ、ハーブティー、ドライフルーツなどどれもおいしそうな
ものばかりで目移りしちゃいました。
オリーブオイル欲しかったけど重いのよね。 でもこの旅行ではほとんど何も買わなかったので
買ってくればよかったかと後悔。

クロアチアって気の利いたお土産を探すのに苦労すると思うけどここなら絶対に喜ばれるお土産が
見つかると思います。

      
by mumo1229 | 2012-10-06 17:13 | 海外で買ったもの | Comments(4)
ビオテルム 「Eau Vitaminee Gel Douche」
おとといアップしたビオテルムの機内用クリームに続き、こちらもビオテルム。
日本で買えた頃は全く買ってなかったのにね。あまのじゃくな私です。
こちらはフランクフルトの空港で買いました。

◆ ビオテルム  「Eau Vitaminee Gel Douche」
a0027862_22363659.jpg
200ml、19.5ユーロ。
ビオテルムのオービタミネの香り、大好きでした。
以前、まだ日本にあった頃フレグランスミストを何度となく買おうと思っていたのだけれど
やっぱりミストだから香りは長続きしないのよね~
フレグランスとして使うには物足りなく購入には至っていませんでした。
でもシャワージェルなら香水ほど香りは長持ちしなくてもOKです。

これ、水のようにゆるいジェルなんです。
はじめ、それに気づかずチューブからどーっと出てしまい、洗い流した泡が排水溝のところでもこもこと
うず高くなっていき焦りました。本当に少量で泡立ちます。

a0027862_22384618.jpg
プロビタミンB5配合。
シトラスフルーツ(オレンジ、ピンクグレープフルーツ、ミカンの葉、オレンジの花)のエッセンス入り。
ミカンの葉が入っているからかな? 柑橘系ばかりではなく、グリーン系の香りも感じます。
フレグランスミストの様にほのかな香り。個人的にはもう少し香りが強くてもOKなんだけどな。
あぁ、本当にこの香り好き。夏にはぴったりです。
それでいて洗い上がりはしっとりなんですよ。

石鹸も好きだけどやっぱり香りを楽しむにはシャワージェルの様な液体がいいですね。

      
by mumo1229 | 2012-09-09 20:00 | ボディケア(日本未発売) | Comments(2)
ビオテルム 「Travel Recharge」
こちら、以前から気になっていた商品だったのです。
ドイツのフランクフルトの空港で見つけて、「おぉ、ここにあったか!」と感動して購入してきました。

◆ ビオテルム 「Travel Recharge」
a0027862_22565017.jpg
機内で使うコスメ。免税店&空港限定商品です。
そういえば以前エスティで同じ様なフライト中のスキンケアがあると紹介しました。(過去記事)
もう4年前の記事だったのですね、今も売っているかどうか調べましたがちょっと不明でした。

a0027862_22581968.jpg
ミントのエキスが心地よさと充足感を与え、イワベンケイのエキスがダメージから細胞を保護するとありました。
箱の内側には日本語の説明も書いてあったのでわかりやすかったです。

帰りのフライトで早速使ってみたのですが、これイイですよ!
a0027862_22585413.jpg
乳液とクリームの間くらいのこってりさ。
それほどギットリするわけでもなく、浸透は早いのですが保湿力は長持ちします。
ミントエキス入りとありましたが、それほどミントの香りは前面に出ていません。グリーン系フローラルな香り。

a0027862_2259193.jpg
機内ではとにかく肌が乾燥しますが、私、変に油分の多いものとか使うと小鼻に脂が浮いてきたりします。
機内は極端な乾燥状態で水分と油分のバランスが崩れてしまっているのでしょうね。
これは油分はそれほど多くなく、水分保持の時間が長く乾燥する事もありませんでした。

飛行機に乗る時だけに使っていたら使い切れないよ~と思っていたら旅行後に使っても効果的との事です。
飛行機に乗る旅行は準備・長い待ち時間・気温の変化・不規則な睡眠時間などの影響で、フライト後でも肌の回復が遅れ、肌の疲れがいつまでも残る事があります。
旅行後に使うと回復も早めてくれるのだそう。

a0027862_22593672.jpg
フライト中に3000時間以上テストをされた製品との事。「クルーも認めた!」と箱に書いてありました。
パイロット&クルーのテスト効果が書いてありました。
旅行中肌に潤いを与えるという項目については男性100%、女性83%がそう感じたそう。
また、フライト後肌がより効果的に回復するという項目では男性89%、女性80%がYesと答えています。
確かに旅行中だけ使うのにはもったいない。(てか機内用だけだと使い切れない)
私は普通にモイスチャライザーとして使っています。
a0027862_22595527.jpg
ころんとしたこのパッケージ。他のスキンケアのボトルの様に立たないので家で置いておく時に
おさまりが悪いです。携帯用に作られているので仕方がないですが。

手にすっぽり入る大きさ。機内に持ち込める液体は100mlまでなのでこの大きさはベストです。
a0027862_2301693.jpg
メンズ用のシルバーのパッケージもあります。
日本の免税店にはビオテルムは入っていないけど、海外のどこかで見かけたら是非試してみてください。
旅行が好きな方は必需品ですよ!

      
by mumo1229 | 2012-09-06 23:03 | スキンケア(日本未発売) | Comments(2)
ビオテルム&クラランスメン
ダンナ様の洗顔料がなくなったのでフランクフルトの空港で買ってきました。
a0027862_20443161.jpg
◆ Clarins Men 「Wash Active Face Wash」 19.5ユーロ(写真右)
◆ Biotherm Homme 「Cleansing Gel Nettoyant Visage」 20ユーロ

海外ってメンズケアの製品が本当に豊富です。
日本でも最近メンズ用スキンケアを見るようになりましたが、まだまだですね。
この2品、もちろん私が先に使ってみました。

a0027862_20462260.jpg
クラランスの方はネバリオグルマ(Grindelia)とシラタマノキ(Gaultheria)配合。
洗顔料にしてはあまり見ない鮮やかなブルー。
a0027862_20464022.jpg
これ、洗い流す時ぬるぬるが残るんですよね、これを「しっとりする」と言うのかは疑問なのですが、
男性はすっきり洗い流せる方が好きだと思います。

a0027862_204701.jpg
そしてビオテルムの方はビタミンとミネラルを含んだ洗顔料。
a0027862_20503613.jpg
温泉水から抽出したミネラルが豊富に入っているのだそう。テクスチャーはいいんだけど、香りが・・・
思いっきりオッサンの整髪料の香りなんです。
洗顔後に結構香りも残ります。
女性の様に洗顔後に上からスキンケアを塗りたくる場合は洗顔料の香りも消えちゃうと思うけど
洗顔後何もつけないダンナにこの香りはちょっとかわいそうだな、と思って使わせていません。

結論を言えば、両方ともうちのダンナに使わせたいかという面ではバツ。
以前使ってたクリニークメンの洗顔料。これも私が買ったのですが、私は結構いいなと思っていたのですが
ダンナは顔にブツブツが出来たとの事。
原因はよく洗い流さない事なんじゃないかなと思うのです。
うちのダンナの様に「ザーッ、プルプル」って洗い流しに時間をかけない人は短時間ですっきり流せる
石けんが良いのではないかなと思いました。
クラランスメンの様にいつまでもぬるぬるが残るものは絶対に洗い流し不足で肌にトラブルが出ると思います。
という事で両方とも私が使っています。とほほ・・・

でもね、クラランスの方は洗い上がりがすごくしっとりしていい!
男性用とは思えない程の保湿力、これは怪我の功名でした。かなり気に入っています。

海外でもメンズ製品の洗顔の主流はやっぱりフォームなんですよね。
クリニークメンでも石けんがあったと思うけどさっぱりしすぎなのかなぁ・・・また何か探さなくちゃ。


      
by mumo1229 | 2012-08-26 20:53 | スキンケア(日本未発売) | Comments(2)
Clarins 「Gentle Care Roll-On Deodorant」
ドイツのフランクフルト空港で買ったロールオン。

◆ Clarins 「Gentle Care Roll-On Deodorant」
a0027862_2210383.jpg
15.5ユーロ(約1,500円)。
海外はロールオンのデオドラント多いですよね~、っていうか日本では主流のスプレータイプは
全く見ない。
a0027862_22102223.jpg
アルコールフリー。結構容器は大きいです、大きい分ロール部分もすごく大きくて塗りやすいです。
ロールオンの宿命なんですが、スプレーに比べたら乾きにくいですね。
乾くまで服を着られないので、扇風機の前で両腕を上に上げてガーっと乾かしています。
(エレガントとは程遠いお姿・・・)

a0027862_22123973.jpg
Buchu Leaf(日本名:ブッコノキ)、ウィッチヘーゼル、ローズマリーエキス入り。
乾くとちょっと白くなるんですよね。
ものすごく近くで見ないとわからないレベルなのですが、接近戦がある方は要注意です。(笑)
汗は防いでくれていると思います。時間が経ってもにおいも気になりません。
クラランスは敏感肌の人でも使えるというのがいいですね。

持ち歩きには不便な大きさだけどとにかく塗りやすくて、汗も抑えてくれるというのがいい。
今年の夏はこれで乗り切ります。

      
by mumo1229 | 2012-08-12 22:14 | ボディケア(日本未発売) | Comments(4)
Lancome 「Stick Nutrix Levre」
昨年、ノルウェーで買った数少ないコスメ。
というのは「買い物しよう!」と決めていた日にオスロでテロ事件があり街中のお店が閉まってしまったので。
こちらはテロがあった前の日に街のコスメショップで買った物。

◆ Lancome 「Stick Nutrix Levre」
a0027862_5323099.jpg
物価の高いノルウェーで約3,000円。私この商品、全く知らなかったのです。
だってアメリカのランコムサイトではなかった商品だったので全くノーチェックでした。
オスロに立ち寄る前にノルウェーのベルゲンという街のコスメショップに置いてあったパンフレットに載っていました。
以前紹介した日本未発売のランコムの下地(過去記事)と一緒に購入。

a0027862_5335310.jpg
UVフィルター有りと書いてありましたが、SPF値は表記されていないのでどれくらい日焼け止めの効果があるのかはわかりませんでした。
セサミオイル入り。伸びは良いのにぬるぬるせずぴたっと密着するのでリップメイクの下地としてもすごく良いです。
a0027862_534852.jpg


お会計の時にクリニークのファンデばかり5包いただきましたので一緒にレポを。
a0027862_5344096.jpg


◆ クリニーク 「Supermoisture Makeup」
a0027862_535934.jpg
写真左の色が薄い方。
ベリードライ~ドライ コンビネーション スキン用のファンデ。色は#04 ivory
ベリードライの肌用だけあってしっとりと乾かないですね。
日本のサイトで見たら「薄付き」と書いてありましたが、私にはちょうどいいです。

◆ クリニーク 「Even Better Makeup SPF 15」
写真の色が濃い方がEven Better Makeup。
こちらのファンデ、日本のサイトには見つかりませんでした。
海外のサイトによるとミネラルが入っているファンデだそう。オイルフリー。色は#05 Neutral。
コンビネーション・ドライ~コンビネーション・オイリー肌用だけあってちょっと私には乾燥します。
夏の暑い時に使いたいですね。
色はちょっと私の肌色より濃いめ。でも濃いめの色の方が元気そうに見えますね。
夏のバカンスに使いたい!

ノルウェーのコスメショップは品揃えも良くデパートのコスメ売り場みたいに色々なブランドが揃っていました。
自由に手に取って見ることが出来たのがよかったです。


      
by mumo1229 | 2012-07-06 05:38 | スキンケア(日本未発売) | Comments(0)
画期的な商品「Travalo」
去年の夏ノルウェーの空港で買ったものです。

◆ Travalo 「Refillable perfume bottles」
a0027862_187167.jpg
早い話が香水のアトマイザーです。
ノルウェーの国内線を乗っている時に機内誌を読んでいたらこの商品が載っていて、すごく使いやすそうだと
思ったのです。そして次の飛行機に乗り換える前に売店でこれを発見し早速買ってみました。

これめちゃくちゃ画期的な商品です。まずは簡単に使い方を。
a0027862_187223.jpg
箱の裏にイラストが描いてありました。では実際にやってみましょう。

(1)香水瓶のキャップをはずします
a0027862_1873463.jpg
(2)アトマイザーを何回か上下させます。
a0027862_1874621.jpg
以上で終了で~す。

小さいアトマイザーに香水を詰め替える時どうされてます?
私はアトマイザーの口に小さい漏斗を入れ、その上から思いっきり香水を吹き付けて液体が漏斗をつたって
下に落ちる様にしていました。
今までこの方法しかないと思っていたのですが、これって部屋中に香水のにおいが充満するし、漏斗も洗わないといけない、漏斗を持っていた自分の手も香水でベトベトって感じじゃありませんでした?
これを使うと全く香水の香りが外に漏れないし数秒で詰め替え完了です。もちろん手も汚れませんし接着口からも香水が漏れてくる事もありません。
あぁー、もっと早くこの商品に出会いたかった。

私知らなかったんですが日本でも販売していました。
トラヴァロ アトマイザー (ピンク)

トラヴァロ アトマイザー (ピンク)
価格:1,680円(税込、送料別)








ノルウェーではとりあえずお試し用で1つしか買ってきませんでしたが色々な香りのつめかえ用に
あと2~3本買おうかと思っています。


      
by mumo1229 | 2012-01-18 18:13 | 香り | Comments(8)
ニュートロジーナ「Cracked Heel Foot Cream」
ロンドンのドラッグストア、Bootsで買いました。

◆ ニュートロジーナ「Cracked Heel Foot Cream」
a0027862_22373324.jpg
ひび割れかかと用のクリームです。6.15ポンド(約800円)

以前使っていたAquaphorのかかと用クリーム(過去記事)
シャネルのメークアップ グローバル クリエイティブ ディレクター「ピーター・フィリップス」も絶賛していた
このバームもすごくよかったのですが、別のものも試したくなって買ってきました。
a0027862_22384685.jpg
いくつか候補があったのですがBootsで真っ先に目にしたこちらを購入。

帰国して調べたら日本でも売ってた・・・org
完全にリサーチ不足です。
日本でも最近テレビでこのハンドクリームの宣伝をよく見ます。
「ノルウェー漁師の手を守ったハンドクリーム」と言っていますがそのフット版です。

a0027862_22383252.jpg
Aquaphorのバームよりもすごくなめらか、でもやはり普通のボディクリームなんかと比べたら
油分は多め。オイル分を塗り込む様によーくマッサージするとかかとつるつるになります。
少量でも伸びが良いのでコスパも良いと思いますよ。

寒くなるとかかとががさがさになります。
顔の肌も乾燥を敏感に感じ取りますが、私の場合かかともすごく敏感。
夏はツルツルで調子の良いかかとですが少しでも涼しくなるとかさかさ、そして冬の乾燥した時期に
お手入れを怠るとガビガビになります。
ストッキングも破れやすくなるし、なにしろメイクや服にばかりにお金をかけている女性のかかとがひび割れて
いたらがっかりですよね。
という事で全身手を抜かず頑張ってお手入れしています。
日本のドラッグストアでも是非お試しください!


      
by mumo1229 | 2011-12-20 22:41 | ボディケア | Comments(0)
Lancome 「La Base Dewy Glow」
夏のノルウェー、最終日に買い物しようと思っていたらテロで商店がすべてクローズしてしまった為買える事が出来た数少ないコスメ。これはテロが起きた日の数時間前に街のコスメショップで買ったもの。

◆ ランコム  「La Base Dewy Glow」
a0027862_2144583.jpg
ノルウェーに着いてすぐ行った都市、ベルゲンのコスメショップにコスメの分厚いカタログが置いてあったのでもらってきてホテルでぱらぱら読んでいたらこの製品が載っていました。
日本未発売コスメが好きな私で日頃から色々調べているのですがこの製品は知らなかったのです。

今年の春/夏のコレクションで海外で発売された商品。
ランコムのメイクアップアーチスト、Aaron de Meyに「これを使わずにはいられない!」と言わしめた商品。
水の様なミスト、これ下地なんです。

エッセンシャルオイルと水で出来ているベースなのですが、手に取ってみたらまったくオイル分は感じられない。
店頭で手に出してみたらものすごい保湿力!

美容液でもオイルのものは苦手なので、少しでもオイル分が感じられたら買わなかったのですが、本当にオイル入ってるの?という位にさらっとしています。
そしてとろみが全くなく本当に水みたいにするするしています。オイルというより濃厚な美容液っていう感じです。

a0027862_21454466.jpg
これを買ってすぐ、夏に使おうと思ったけどあまりの保湿力の高さにちょっと寝かせていました。
ミストタイプなのでシュッシュっと2プッシュほどふきかけて指で軽く馴染ませます。
下地で液体ってどうなのよ、と思いましたが全く違和感ないですね。
オイルっぽいギトギト感で鼻がテカるなんて事もありません。本当に美容液の様です。
とにかく保湿力が高いので乾燥知らずです。

説明書を読んでみたら、ベースとして又ファンデーションの上からもOKとありました。
ミストなので乾燥を感じた時に、メイクの上からシュッと吹きかけるんですね。
あまり期待していなかった商品ですがすごくよかった!!先日買った美容液ファンデ、スキンレイヤ(過去記事)とあわせて使っています。

イギリス、イタリア、フランス、カナダのブロガーさんが記事を書いていたのでこちらでは販売していた様ですが、限定品だったのでしょうか、今、各国のランコムサイトを見てみましたが売っている形跡がありません・・・
あぁぁぁぁ、これリピートしたいーーーー 

でも、海外のランコムって日本で売っていない商品がたーくさんあって本当におもしろい。
また色々探して買ってきます。


      
by mumo1229 | 2011-12-01 21:51 | メイクもの(日本未発売) | Comments(0)