カテゴリ:├2012 クロアチア/ボスニア( 9 )
フランクフルト一日観光
ちょっと時間が空いてしまいましたが旅日記の最後です。

7/13(金)の午後は午前中クロアチアのドブロヴニクを観光し、午後にドイツのフランクフルトへ移動しました。
ドイツ涼しかったです~、革ジャンにブーツを履いた人も多く見かけました。
日本から持っていった長袖では寒いくらいでした。
連日37度のクロアチアから20度位のドイツに移動して身体が参ってしまうのではないかと心配になりましたが、暑くてバテ気味だったので涼しいのは助かりました。

a0027862_17384192.jpg
14日(土)はフランクフルト中央駅からICE(特急列車)に乗って1時間ほどのビュルツブルグへ行ってきました。
ここは世界遺産の「レジデンス」があるところ。
a0027862_173954.jpg
建物も庭園もすばらしかったです。
a0027862_17392432.jpg
小さな街なので観光は半日で十分です。

お昼はユリウスシュピタールというワインの醸造所がやっているレストランへ。
a0027862_17394977.jpg
ドイツといえばビールかと思っていましたが、ワインも結構飲まれているんですね。
ドイツワインって甘いものが多いイメージがあったんですが、私達が飲んだものはきりりと冷えた白ワイン。
すごく美味しかったです。
a0027862_1874264.jpg
私はポークのカツ(シュニッツェル)にハムとチーズが挟んであるCordon Blueを。クロアチアでは毎日魚だったので
久しぶりの肉。13.3ユーロ。
こちらのお店は英語のメニューもあったので旅行者にもオススメです。

a0027862_1875187.jpg
午後はフランクフルトへ戻ってきて街歩き&ショッピング。夜はソーセージを食べました。
フランクフルト、ロンドンやパリの様に大きな街ではないので私には半日観光で十分でした。
デパートも何軒か見ましたが、コスメは日本で扱っているブランドとあまり変わらない様に感じました。

帰りにフランクフルトの免税店で買おうと思っていた香水が見あたらずガッカリ・・
行きにフランクフルトからクロアチアへ飛ぶ時のターミナルの免税店ではあったのに、帰りに買おうと
思っていたのが仇になりました。日本から通販で買おうと思います。


      
by mumo1229 | 2012-07-21 18:11 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(4)
クロアチアの食
クロアチア、食べ物すごく美味しかったです。
私が滞在したところは海沿いばかりだったのでシーフードがメインでしたが、イタリアが近い為かパスタ、リゾットは
どこのお店でも置いてありました。
a0027862_22471111.jpg
ピッツァも多く見かけました。味はどうかしらと思いましたが本格的で美味しかった!生地は薄いクリスピータイプでした。

お魚も豪快。丸ごと一匹の魚にトマトソースとフェトチーネがたっぷり。
a0027862_22484640.jpg
イカスミリゾットやイカスミパスタ、このフェトチーネ(メニューにはGreen Noodleと書いてあります)は多くのお店で見かけました。
でもパスタで残念なのはイタリアと違ってアルデンテではなく麺が柔らかめの事が多かったです。
でもモンテネグロのコトルで食べたこのジェノベーゼのペンネは堅さも味もバッチリでした。
a0027862_22495633.jpg


クロアチアでは魚のスープもとてもメジャーです。
a0027862_22504373.jpg
ノルウェーで食べた「魚のスープ」はどろっとしていてクリーミーなものでしたがこちらのスープはさらりとしています。
中に白身魚やエビが入っていてお魚のダシがよく出ています。

大好きなイカのフライ、ドブロヴニクに3日滞在したうち2回食べました。
a0027862_2252313.jpg
右のお皿はタルタルソースがそえてありました。
ムール貝も大好物。日本でこれだけ豪快に出してくれるところは少ないのでやはりドブロヴニク滞在中2回食べました。
a0027862_22521247.jpg


今回一番おいしかったものはSplitで食べたシーフードリゾット。
お米に芯があって塩加減もちょうど良くとってもおいしかったです。
同じ店で食べたタコのサラダも逸品!
a0027862_22542231.jpg
タコのサラダも他の店で食べ比べてみました。
右のサラダはHVAR島で食べたもの。基本の味付けはオリーブオイルとビネガーなんだけどお店によって違いますね。

どこも量がすごく多くてね~。この魚のフライのサラダなんて大皿にてんこ盛り。
でも程よく塩味が効いてカラッと揚がっておりぺろっと食べちゃいました。
a0027862_22561743.jpg


こちらのお魚のグリルも塩とオリーブオイルだけの味付けですがすごく美味しかったです。
a0027862_22573388.jpg
このお店ではダンナが丸ごとの魚をナイフとフォークできれいに食べていたらお店のご主人にすっかり気に入られてしまいました。
「あなたはお魚料理をとても楽しんでおられる!!」と、サービスで特産のcarob豆を使った食後酒まで出してくださいました。

豆の現物を持ってきてくださってテーブルで中を割って見せてくださいました。
a0027862_225966.jpg
下の黒いものが豆。
carob豆はお酒やスイーツなどに使われる豆だそう。

このお店で「デザートメニュー下さい」と言ったのにご主人が「おすすめのケーキがあるから是非食べてみて!」と有無を言わさずこれを出してくださったのがこのcarob豆のケーキ。
a0027862_22581145.jpg
これすごくおいしかった!! スポンジに生クリームとカスタードクリーム。多分クリームに混ざっている黒い点々が豆。
コーヒー豆を細かくした様な感じです。
(carob豆の名前があやふやだったのですが、これをお読みいただいたなつしろぎくさんと ちどりんごさんに
教えていただきました!ありがとうございました)

他にはクロアチアでよく食べられるデザートはクリームキャラメル(プリン)なんだって。こちらも何回か食べました。


ワインもとてもおいしかった!
日本でクロアチアワインってあまり馴染みがないけどコルチュラ島産のものが多くありました。
辛口のワインの事を「SUHO」(スホ)って言うんだって。
a0027862_2312798.jpg
それを参考にしてワインショップでも「スホ」のものを買って日本に持って帰ってきたよ。

あ~、写真を見返しているだけでよだれが出てきます。
シーフードもイタリアンも大好きなので食事は全然飽きませんでした。
お魚料理は日本人の口にも合うと思います。


      
by mumo1229 | 2012-07-17 23:16 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(4)
アドリア海の真珠・ドブロヴニク
帰国後、本日3連続の投稿です。

7/10日から3泊したクロアチアのドブロヴニクですが、7/13(金)はやっと市内観光です。
午前中はケーブルカーでスルジ山の山頂へ。
a0027862_18143717.jpg
こちらのケーブルカーはクロアチア独立戦争の際に破壊され、2010年に復活されたのだそうです。
ドブロヴニクの街が一望出来ました。
クロアチアに来てから一週間毎日快晴・快晴・快晴。 雲を見たことがないという程本当に良い天気でした。
水平線まできれいに見渡せます。

そして一番の見所である城壁へ。旧市街を取り囲む城壁は全長約2km。
a0027862_1829688.jpg
気温37度の中高低差の結構ある城壁を汗だくになりながら歩きました。一方通行の城壁は出口が4ヶ所ほどなので一回入ると前へ進むしかありません。
a0027862_18305872.jpg
大変でしたが眺めは格別。

a0027862_18411265.jpg
私達がドブロヴニクに着いた7/10から丁度サマーフェスティバルが開催されるという事で街中でコンサートが開かれたり花火があがったりとすごく賑やかでした。
a0027862_18393438.jpg
こちらは夜11時のメインストリート、プラツァ通り。
もう歩けない程押すな押すなのすごい人なんですけどっっ!!

ドブロヴニクは日本の方も結構多くお見かけしました。
年配の団体の方が多かったですが、毎日37度とかこんなに暑くて体調を崩したりしないかしらと心配になったりして。
私も途中熱中症で倒れたりしないかとヒヤヒヤものでした。


      
by mumo1229 | 2012-07-16 18:46 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(6)
ストン@クロアチア
さぁ、どんどんアップしないと追いつきません!
ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルに行った帰り、クロアチアの沿岸部、ドブロヴニクから北西約35Kmの
「ストン」と「マリ・ストン」という所に立ち寄りました。
a0027862_17291048.jpg

両方の街は1km程離れており、城壁でつながっています。
a0027862_1729464.jpg
マリ・ストンは牡蠣の一大産地だそうで、牡蠣をその場で食べさせてくれるスタンドがありました。
a0027862_17295520.jpg
大きさによって6、8、10、20クーナ(1クーナは約13円)の4種類がありましたが8クーナのものを4つ買いました。
a0027862_17302285.jpg
日本の細長い牡蠣と違い、平べったい牡蠣です。

その場で立ち食いするのですが、塩味が程よく効いていてすごくおいしかった!!
観光バスが着いたところでたくさんの人が牡蠣を食べていました。
a0027862_17304987.jpg
ムール貝をキロ単位で買っていく人も。
a0027862_1731011.jpg
ムール貝、大・大・大好きなんです。家が近所だったら絶対買うのに・・・

また、ストンには塩田があり昔ながらの製法で塩が作られているところを見学してきました。
a0027862_17384820.jpg
見学後に塩を買ってきました。
a0027862_17321444.jpg
ミネラルが豊富で甘くておいしいお塩でした。


      
by mumo1229 | 2012-07-16 18:00 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(0)
モンテネグロ・コトルへ
途中ですっかり更新をさぼってしまいましたが、先ほど帰国しました!
今回買ったコスメは未だかつてない程少ない!!
でも「物より思い出、プライスレス」といった感じで大変満足しています。
えぇとどこまで書きましたっけね。7/11のボスニア・ヘルツェゴビナまででした。

ではその次の日のモンテネグロ編を。
a0027862_17172819.jpg
クロアチアのドブロヴニクから南東へ60km、国境を越えてモンテネグロのコトル(Kotor)へ日帰りドライブです。地図では「カッタロ」と書いてありますね。
日本のガイドブックでは「コトル」と表記されています。

ヨーロッパっていいですよね、気軽に車で隣国へドライブ出来るんですもの。
a0027862_17205413.jpg
ここの国境は昨日のボスニア・ヘルツェゴビナとは違い結構時間がかかりました。40分程車の中で待機。
詳しく調べられる人と簡単に素通りできる人と何が違うのだろうか?
帰り、前の車がモンテネグロの出国でトランクやその中のリュックの中身まですんごく細かくチェックされてた。
そしてクロアチア入国の際もやっぱりその人がトランクの中を詳しくチェックされてた(笑)
私たちはパスポートをちらっと見ただけでOK。ドキドキしていたのでよかった。

さて、コトルというところはコトル湾の奥の奥にあります。ユネスコ世界遺産にも登録されており、たくさんの観光客がいます。
a0027862_1721537.jpg

大型客船も停泊していました。
背後には山が迫っていて美しいところです。
a0027862_1721479.jpg
昨日のボスニア・ヘルツェゴビナもそうだったけどモンテネグロも暑い・・
37度です。猛暑日の中写真の城壁の中の旧市街を観光してふらふらになってしまいました。
街はそれ程大きくないので一廻りしてから早々に帰路につきました。

途中海に浮かぶ「岩礁のマリア教会」がありました。
a0027862_17224947.jpg
こちらはボートツアーで内部も見学出来るそうです。

モンテネグロの海岸線もビーチがたくさんあり、人で賑わっていました。
帰りにどこか良いビーチがあったら泳ごうと思って水着とシュノーケルの道具を持ってきましたが湾の奥はドブロヴニクに比べてあまり透明度がよくなかったので泳ぎませんでした。


      
by mumo1229 | 2012-07-16 17:26 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(0)
ボスニア・ヘルツェゴビナへ
昨日はクロアチアのドブロヴニクから車で135キロ程離れたボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルという
ところに日帰りで行ってきました。
a0027862_14342075.jpg
車で国境を越えるのは初めてでドキドキしましたがパスポートを見せるだけでOK。
a0027862_14344779.jpg
モスタルという街はイスラム色の強いところで、モスクなどが建ち並びクロアチアとは
ひと味違ったエキゾチックな雰囲気です。

ここの見所は世界遺産にもなっている橋スタリ・モスト。
a0027862_14353890.jpg
1993年ボスニア紛争の際砲撃によって破壊されましたが現在修復されて世界遺産に登録されました。
a0027862_1436678.jpg
Don't Forget 1993の文字が書かれた石が。ボスニア紛争からもう20年も経つんですね。
a0027862_14372533.jpg
街中には砲弾を受けた建物がいくつも残されていました。
大きな通りは大丈夫だそうですが、細い道や人が立ち入らない様なところはまだ地雷が埋まっているところも
あるそうです。平和になって世界中から人々が訪れることが出来る様になり本当によかったと思います。

お昼はエスニックフードを。私は牛肉とパプリカの煮込み、「Hadzijski Kebab」を。
a0027862_14382988.jpg
スープが下にたくさん入っておりご飯と混ぜながら食べます。旦那は。「Dolma」。
a0027862_1439271.jpg
こちらはまさにピーマンの肉詰め。中には挽肉とご飯が混ぜられたものが入っていてサワークリームをつけていただきます。
どちらもそれほど香辛料が強くなくあっさりしていて日本人の口にも合うと思います。

食後はボスニアコーヒーを。
a0027862_14412083.jpg
どろりとしているコーヒーは上に粉が浮いているので、よく混ぜて粉が沈んだ後上澄みを飲みます。
一緒に甘いゼリーが添えられているのが一般的だそうですが、濃いコーヒーによく合っておいしかった。
食器もエキゾチックですてき。

この日のボスニア・ヘルツェゴビナの最高気温はなんと37度!!
山に囲まれた盆地の様な土地は本当に暑く日差しも半端でなく強かった。

今日はまた車で隣の国まで行ってきまーす


      
by mumo1229 | 2012-07-12 14:27 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(0)
クロアチア版青の洞窟
今回の旅行で一番楽しみにしていた、クロアチア版「青の洞窟」ツアー。
青の洞窟と言えばイタリア、カプリ島のそれが有名でこちらの方はまだあまり日本では知られていません。

SplitからHVAR島に移動してきたのはこのツアーに参加する為だったのです。
青の洞窟はBisevo(ビシェヴォ島)というところにあります。
a0027862_13444775.jpg
今回参加したツアーはこの青の洞窟とVis(ヴィス島)にある緑の洞窟、Vis島のコミージャ観光(自分達で勝手に散策する)がセットになっています。

朝9時に船に乗り込み、まずは「緑の洞窟」に向かいます。
緑の洞窟があるVis島まではボートで1時間半ほど。こちらは石灰の岩肌が波で浸食されて洞窟になっています。
a0027862_13471142.jpg
岩肌にぽっかり開いた2つの穴。

日本から持参したシュノーケリングとマスクをつけて洞窟の中を一廻りしてきました。
a0027862_13482083.jpg
とにかく水がきれい!奥の方は暗くって水もひんやり冷たくて幻想的。
名前は緑の洞窟ですが色が緑なわけではありませんでした。
もう一つが青の洞窟だからこっちは緑って名前をつけたのかしらと思いました。

この後は船の上でランチ。色々な国から着た人たちと一緒にテーブルに着きます。
a0027862_1351320.jpg
ブリ(たぶん)のソテーとコールスロー、パンとワインが出てきました。
ワインもおかわり自由というのがこちらっぽい。

次は青の洞窟へ。ビシェヴォ島の船着き場から小さな小舟に乗り換えます。
a0027862_13521752.jpg
入り口は狭くなっており全員がかがんで洞窟に入ります。
細い通路を進むと奥は広くなっています。
a0027862_1353470.jpg
一番奥は水中で外とつながっている様で明るい光が差し込んでいます。
a0027862_13532050.jpg
イタリアの青の洞窟も昔行きましたが、こちらもとても美しい。

最近よく新聞などでクロアチアのツアーの広告を見るようになりましたがこの青の洞窟が行程に入っているものは残念ながらあまり見かけません。
自分で往き帰りフェリーを予約したり、ツアーを申し込んだりと手間はかかりますが、クロアチアに行くことがあったら是非足をのばしてみて欲しいです。

私たちが泊まったHVAR島はビヨンセが新婚旅行で行ったことで一躍有名になりましたね。
先日生まれた娘のBlue-Ivyちゃんの名前はこのHVAR島で見たBlue-Ivy(青いツタ)からインスパイアされたとのことでますますこの島は脚光を浴びています。
Blue-Ivyちゃんはクロアチアの名誉市民にもなったんですって、生まれたばかりなのに!

港にはこれ何億?っていう様な大きいクルーザーがわんさか。
a0027862_141492.jpg
なかにはアメリカの旗がついていてCaliforniaって書いてあったのもありました。
CAからってパナマ運河を通って来たのかな?と妄想は広がります。
昨日はHVAR島からフェリーでドブロヴニクへやってきました。

今日・明日は車を借りたので近隣の国までドライブしてきます。


      
by mumo1229 | 2012-07-11 13:05 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(2)
クロアチア2日目~SplitからHVARへ
クロアチア暑いっす。
容赦ない太陽が照りつけており日焼け止めを塗っていますが足はこんがり焼けてしまいました。

昨日はスプリットからHVAR島(フヴァル)というところに移動してきました。
a0027862_15191634.jpg
スプリットから高速カタマランで1時間半ほどのところにあるヨーロッパでも有数のリゾートです。
a0027862_151952100.jpg
アジア人は皆無。聞こえてくる言葉はイタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語など。
皆さん避暑にいらっしゃるんですね。

いったいいくらするんだ?っていう位の見たこともない様な高そうなクルーザーがたくさん停泊しています。
お部屋からも海が見えます。

昨日は目の前のビーチで泳ぎました。
a0027862_15204259.jpg
写真はお部屋から見える景色。今日は一日エクスカーションに参加して隣の島まで行ってきます。


      
by mumo1229 | 2012-07-09 15:21 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(0)
クロアチア1日目~Splitからドライブ
クロアチアはただいま七夕の夜を迎えようとしています。
a0027862_28382.jpg

これから夕食に出かけるところです。
昨日フランクフルト経由で夜クロアチアのSplitというところに到着しました。

今日はレンタカーでトロギール(Trogir)、Sibenik(シベニク)、クルカ国立公園に行ってきました。
a0027862_293349.jpg
緑の★は滞在しているスプリット、ピンクの★が今日訪れたところです。

a0027862_2104743.jpg
トロギールは聖ロブロ大聖堂(写真左)、シベニクは聖ヤコブ大聖堂が世界遺産に指定されています、本当に小さい街なので30分もあれば徒歩であっという間に回れてしまいました。

クルカ国立公園ははんぱなく広いのですべてをまわる事は出来ません。
本当は滝で泳ぎたかったのですが、湖に浮かぶフランシスコ会修道院のあるVisovacしか見れませんでした。
a0027862_212855.jpg
よくガイドブックなどの写真では俯瞰のものが使われているのですが、上からみないと修道院だとわかりませんね。
真ん中の建物がそうです。

しかしクロアチア、異常に暑いです!!今日の最高気温は34度!! 東京の8月くらい暑いです。
旅行前にネットで気温とかを調べていて暑いのは知っていたのですが、ヨーロッパなのでカラッとした暑さなのかと思っていました。
でもジメジメ蒸し蒸ししていて少し歩くと汗でドロドロです。夜でも蒸し蒸ししています。
東京はまだ梅雨明けしていないというのになんだか身体がまいってしまいそう。
これからどんどん南下していくのに大丈夫だろうか・・・といささか心配です。
しょっぱなから飛ばしすぎない様に気をつけます。


      
by mumo1229 | 2012-07-08 02:15 | ├2012 クロアチア/ボスニア | Comments(0)