カテゴリ:香り( 44 )
THE WHITE COMPANY London 「Orange Grove Diffuser」
ロンドンのセルフリッジで買ったホームフレグランスです。

◆ THE WHITE COMPANY London 「Orange Grove Diffuser」
a0027862_11035695.jpg
25ポンド(購入当時約4,700円)

なぜこんなに紹介が遅くなってしまったかというと、同じくイギリスで買ったモルトンブラウンのディフューザーが
一年近くもって、

次に去年香港で買ったクラブツリー&イブリンの限定品
を先に使ってしまったのでこちらが後回しになってしまいました。

海外は本当にルームフレグランスが安いですね。日本だと1万円以上とかざらにあるもの。

a0027862_11130183.jpg
これはみずみずしいオレンジの香りがすごく気持が良いです。
あまり香りがキツイのは好きではない旦那さまも良い香りだと褒めてくれました。

ディフューザーは箱も大きいし重いから持って帰るのが大変なんですが
これからも色々使ってみたいと思います



by mumo1229 | 2017-10-18 22:19 | 香り | Comments(0)
Crabtree & Evelyn 「Windsor Forest Porcelain Diffuser」
私が香港で一番欲しかったコスメがこれ。
海外のサイトで見た時からかわいさにノックアウトされました。
a0027862_22285347.jpg
大きくて重かったけど頑張って持って帰ってきました。

◆ Crabtree & Evelyn 「Windsor Forest Porcelain Diffuser」
Ocean Terminalの中のショップで買いました。
元値は559HKDなんだけど419.2HKDとセール中でした。約5,800円
日本では11/19から限定発売です。8,640円。

開けるとこんなものです。
a0027862_22292755.jpg
ルームディフューザーです。
このビジュアルにやられました、小鳥さんの可愛い事!
家にまだ使っていないルームディフューザーがあるのについ買ってしまいました。

a0027862_22294217.jpg
ポーセリン陶器から香りが伝わってほんのり香ります。
赤い小鳥さんの「NOEL」の香りは甘めのスパイシーな香りでした。
a0027862_22302589.jpg
写真はクラブツリーの公式サイトより

私が買ったWindsor Forestは
”モミの木などの常緑樹に、ホリーベリー(ヒイラギの実)とジュニパーベリー(セイヨウネズ)の爽やかさを加えた森の中にいるような清々しい香りです” =公式サイトより引用=
ただのグリーン系の香りだけではなくその中にほんのりグリーンアップルみたいな柑橘系の甘い香りがしてものすごくツボです。 ものすごくオススメ。
香りは全部で3種類あるのですが、日本では小鳥さんの2種類しかないみたいですね。
a0027862_22313675.jpg
香港で見たこのパイナポー(名前はFesitive Fig)も面白くてよかったのですが香りはWindsor Forestが一番好きでした。
でもなくなるのは早そうです、日に日に水位が減っているのがわかります。
 
 
by mumo1229 | 2016-12-14 22:36 | 香り | Comments(2)
MOLTON BROWN 「Aroma Reeds Diffuser」
もう2015年も終わりですね。今日から主人の実家の青森に帰省してきますので今年最後のコスメレポートになります。

さて、こちらは現在我が家の玄関に置いてあるものです。

◆ MOLTON BROWN 「Orange and Bergamot Aroma Reeds Diffuser」
a0027862_20182848.jpg
モルトンブラウンといえばイギリスのコスメ。
でも日本でも売っているし買うつもりは全くなかったんです。でもエディンバラのホテルのアメニティが全部モルトンブラウンで備え付けのハンドソープやハンドローションもそうでした。

a0027862_20185334.jpg
エディンバラで泊まったアパートメントの寝室とダイニングキッチンにこのディフューザが置いてあり、これがまたものすごく良い香りでついエディンバラのHarvey Nicholsで買ってしまいました。

a0027862_20184170.jpg
オレンジ&ベルガモットの香り。
これがまさにツボ。軽いオレンジの香りじゃなくてすごく重厚感のあるオレンジ。
日本で1万円ですが、エディンバラでは39.5ポンド(約7,500円)免税手続きすれば1割ほど安くなりました。
大きな部屋ではこのディフューザもほのかに香ってとてもよかったのですが今住んでいる家は玄関とダイニングがとても近く、アロマリード(棒)を全部使うと香りが強くなりすぎてダイニングまで香りが漂ってきて食事の時も気になってしまう程でした。
なので今リードを3本にしたらちょうど良い感じ。見た目はちょっと寂しいですけどね。

a0027862_20191680.jpg
ホテルのアメニティについていたボディウォッシュとボディローションが「Japanese Orange」という香り。
a0027862_20195293.jpg
香りはみかんと言えばみかんかな?という位ほのかです。テクスチャーは軽め。
a0027862_2020794.jpg
Kumuduシャンプー&コンディショナーはさらりとした仕上がり。
私の髪だとまとまらなくて毛先がはねるんですよね、残念。
a0027862_20201932.jpg
入浴剤の「Seamoss stress-relieving hydrosoak」は以前現品を買って使っていました。
日本に持って帰ってきて久しぶりに使いましたが入浴後、私とダンナ様二人とも汗だく!
久しぶりに使って改めてこの良さを再認識しました。
エプソムソルトは香りがないのが寂しいので、またこれを使ってみようかな。

アメニティに良いものがついているとそのホテルの評価もあがりますね。
by mumo1229 | 2015-12-30 20:17 | 香り | Comments(2)
セルフリッジ限定のJoMalone
ロンドンのJo Maloneで買った3品のうち1品のボディオイルは先日ご紹介しました。→
あと2品は香水です。

◆ Jo Malone 「Sweet lemon cologne」
a0027862_20414344.jpg
各42ポンド(約8,000円)。
写真右は以前も使っていた「Orange Blossom」。
左の「Sweet lemon cologne」が超・超・レア製品、なんとセルフリッジ限定のコロンです。
Jo Maloneロンドン本店にもないなんてこれは絶対にチェックするしかないと意気込んでカウンターに行きました。
日本でいうところの新宿伊勢丹限定、梅阪限定みたいな感じなのでしょうね。

セルフリッジ限定の香りは2つあります。
私が買った「Sweet lemon cologne」と「Assam & Grapefruit cologne」。
a0027862_2042573.jpg
写真左が「Assam & Grapefruit cologne」
これもすごくよかったのですが、私にはアッサムの香りが強くどうもイメージが紅茶から離れなくてやめました。紅茶にインスパイアされるなんて英国らしいですよね。
香りを試す前は「スイートレモン」なんて直球なネーミングだわと思っていましたが、全然違いました。
フレッシュなレモンを想像していたのですが、これはSweetの方が勝っています。
砂糖菓子の様な甘さの中にほんわりレモンがあるかな?くらいの感じ。
レモンはあくまでも添え物です。私が名前をつけるとしたら「Sugar Lemon」かな。
ラストの方がsugar感が強くなってきます。

a0027862_20453514.jpg

いつまで限定なのかはわかりませんが、ロンドンに行く予定のある方(お住まいの方も)要チェック品ですよ。
なーんてそのうち日本でも定番品になったりして。
by mumo1229 | 2015-10-22 20:46 | 香り | Comments(2)
ロンドンで一番欲しかったコスメJoLoves
シンディ・ローパーが香水を買うためだけに日本にやってきたというニュースをみました。
アメリカでその香水が廃盤になったので日本まで買いに来たという事だった様なのですが、私が先月アイスランドの経由地にロンドンを選んだのはここに行きたかったからといっても過言ではありません。
a0027862_189698.jpg
「Jo Loves」。
あのJo Maloneが立ち上げたブランドのショップです。世界でもここ1店舗だけ。

以前私がブログにこのブランド立ち上げの事を書いたと思って調べたら2011年春の事でした。
その年の年末に商品がローンチされたのでもう4年も経ちます。
「JoMalone」ブランドもその頃にはエスティローダグループに売却されて数年経っており、Jo自身もセールスの一線から退いていたので「She's back!」と話題になりました。

Sloane square駅からほど近いこのショップ、場所がわかりにくそうだったのと時間を有効に使いたかったのでハロッズからタクシーに乗って行ってきました。
a0027862_18115556.jpg
中はこじんまりしていてとても可愛らしいお店。
香りがいろいろあって迷ってしまいましたがシトラス系とフローラル系が好きだと言ったらこれをすすめてくださいました。

◆ JO LOVES 「White Rose & Lemon Leaves」
a0027862_1812244.jpg

ボディローションやシャワージェルも買いたかったのですが、なんせ今回も液体ばかり買って荷物が重くなりそうだったので香水だけにしました。
私が買ったときは50mlサイズの香水は45ポンド・・・だったのに今サイトを見たらパッケージも変わっている!!
a0027862_18204256.jpg

(写真はJoLovesのサイトより)

45→55ポンドに値上げされていました。ボトルもかなりシンプルになりましたね。
香りの第一印象は甘ったるすぎないローズ。Norma Jeaneというホワイトローズを使っているそうです。
これが独特の深みを出すとサイトにはありました。
ローズの奥底からシトラスがほんのり香ります。それはもう絶妙なバランスで。
シトラスもフレッシュというよりちょっと苦々しい感じ。
うーん、これが作用しているのか今までに味わったことのない深い香り。JoMaloneの世界観とでも言いましょうか、香りを文字で表現するのは難しいですね
a0027862_1835338.jpg

紙袋も箱も真っ赤だったのに今は真っ白いものになってしまった様です。
a0027862_18241844.jpg
本当にちょっとのタイミングですべてがリニューアルされてしまったのですね。
a0027862_18164984.jpg
袋の中にはJoMaloneで買い物をした時と同じ様に香りをふきつけた包み紙を入れてくださいました。
袋を開けた時のほわ~んとするいい香りは本当に気分が高揚します。

香水の他にはキャンドル、ボディクリーム、ハンド&ボディローション、ハンド&ボディクレンザー、バスコロンがあります。
以前はアメリカでもキャンドルは売っていたのですが、今はもう販売していない様ですね。

余談ですが、「JoMalone」が日本に上陸する前、まだほとんどの人がその存在すら知らなかった2006年に
「JoMalone」のロンドン本店に行ってものすごく買いこんできた時の事を思い出しました。
そのときは香りだけでなく、今はもうなくなってしまったJoMaloneのスキンケアシリーズ、フェイスマスク、クレンジング、トナー、アイクリームなど持ちきれない程買い込みました。ファンデも買ってきたっけ、あの頃のJoMaloneはマスカラなどのメイクアップ製品も出していたんですよ。
マスカラは次回と思っていたらあっという間に販売終了になってしまいましたけどね
by mumo1229 | 2015-10-18 18:26 | 香り | Comments(0)
CLEAN 「Warm Cotton Home Fragrance」
次に使うディフューザーはコレ!と決めていました。

◆ CLEAN 「Warm Cotton Home Fragrance」
a0027862_20362033.jpg
CLEANにルームフレグランスシリーズが出たのは昨年の秋でしたっけね。
これ、やっぱりすごい人気みたいで伊勢丹オンラインでもwarm cottonは売り切れ。
公式サイトでも売り切れでした。
a0027862_20363076.jpg
私はamazonで見つけて買いました。

CLEANと言えばwarm cottonの香りですものね
a0027862_2037089.jpg

やっぱりスプレータイプよりも葦で広がる方が香りは良いですね。
マンダリンオレンジのやさしい香りがします。
でも結構香りは強く広がります。玄関に置いていますが居間の方まで香りが漂ってきます。
減りも早そうですが、ルームフレグランスって最近1万円とかするものが当たり前じゃないですか?
さすがに私はそれほどお金はかけられないので5,940円は妥当な値段だと思います
by mumo1229 | 2015-05-13 20:38 | 香り | Comments(0)
FLAME
昨日シャネルのMISIAの事を書いたら「もう日本でも発売してますよ!」と教えていただきびっくり!
完全に勉強不足でした・・ごめんなさい。

書きたい手持ちコスメの記事がたくさんあるのですが、今日も面白コスメネタにハシっております。
バーガーキングから「肉」の香りが発売~
a0027862_17572727.jpg


この香りの事、大昔ブログに書いたよなと思ったらやっぱり記事にしていました。
2009年に投稿してますね。当時イギリスでは4.99ポンドでした。(過去記事)
a0027862_22264829.jpg

ボトルのデザインは違いますが、こちらもバーガーキングで、名前も同じ「FLAME」だからたぶん同じもの。
やっと日本上陸! でも、さすがに日本ではこの男性の広告は刺激が強すぎたのでしょうね。

日本では4月1日、1日限りの限定発売らしいので気になる方はチェックチェック!
予約は不可でワッパー(バーガー)付きで5,000円だそう。
怖いもの見たさで店舗に行っちゃおうかなと思ってます
by mumo1229 | 2015-03-18 18:02 | 香り | Comments(6)
シャネル「MISIA」
シャネルの新しい香水、「MISIA」が欧米で発売になりました。
a0027862_1233548.jpg


バイオレットノート、それはリップスティックとパウダーをブレンドした様な香り・・と
英語で表現されていました。
フェミニン系らしいのですが、リップスティックとパウダーをブレンドした香りって気になりますね。

Les Exclusifs de Chanel(レ ゼクスクルジフ)。日本で発売になっても取り扱い店舗は
今と同じで限定なのでしょうね。
75ml(160ドル)と200ml(280ドル)がある様です。日本ではレ ゼクスクルジフは
大きいサイズしか扱いがないですよね?違いました?

シャネルの香水ってこの歳になった今でもまだ早い様な気がしてつけこなせていません。
もっともっと歳を重ねて、シャネルに負けない様な女性になりたいな。
日本での発売が待ち遠しいです
by mumo1229 | 2015-03-17 12:35 | 香り | Comments(6)
アルマーニ「アクアディジョイア」
家で使っているコロンは最近柑橘系ばかりでちょっと飽きてきたので甘めの香水を探していました。
a0027862_21372614.jpg

アメリカから定期購読しているファッション誌「In Style」にアルマーニのアクアディジョイアのぺりぺりって
剥がすタイプの香水サンプルがついていたんです、
でもはがすと液体が入っているやつじゃなくって、紙ににおいがついているやつ。
なので、はじめは柑橘なんですが、ラストノートがどう変わるのか知りたかったのです。

最近アルマーニのコスメが買えるところが少なくなってしまいましたね。
東京では銀座タワーと伊勢丹。
a0027862_21404639.jpg
銀座タワーで見せていただいたらアクア ディ ジョイアにはオーフレッシュという2種類がある事が
わかりました。
ラストノートが知りたかったので2つともムエットにつけていただき、別々の封筒に入れていただいて
香りの違いを味わいました。
オーフレッシュの方は瓜みたいな感じの香りに。
a0027862_21382757.jpg
アクアディジョイアは女らしい甘さですごく気に入ったので数日後購入しに行きました。

7000円台だったかな。もっと高いと思っていましたが意外に安かった。
a0027862_21384640.jpg

1Fのショコラティエで買ったバレンタインのチョコレートの方が高かったくらい(笑)
この香り、すごく気に入っています。

メンズっぽいシャツを着た日にはちょっと甘い香り。
普段甘めのスカートなんかを履いている日には柑橘系の香りを使っています。

ドルチェ&ガッバーナの「Dolce」もデパートのムエットをかいでいる時は甘くてすごく好きだと
思っていたのですが、自分の肌につけてみたら甘過ぎてダメでした。
やっぱりムエットにつけるのと自分の肌につけるのとでは香りの出方が違うので試着(?)してみた方が
良いですね。
しばらくはこの香水に落ち着きそうです
by mumo1229 | 2015-03-05 21:42 | 香り | Comments(4)
Atelier Cologne 「Cedrat Enivrant Cologne Absolue」
新しい香りが欲しくて伊勢丹で買いました。

◆ Atelier Cologne 「Cedrat Enivrant Cologne Absolue」
a0027862_22112656.jpg

30mlで8,100円(税込)
「アトリエコロン」はフランスのブランド。店頭ですすめられて初めて知りました。
アメリカのセフォラなんかでも取り扱いがあったんですね、勉強不足でした。

a0027862_22114182.jpg
ベースノートはモロッカン「Cedrat」、ライム、ベルガモット、チャイニーズミントなど。
名前にもある「Cedrat」とは大きな柑橘系の果物だそう。
ネットで見たら、ザボンとかブンタンみたいな大きな実だった。
香りはユズっぽい「和」の香り、その中にほんのりと甘さがあります。搾りたての柑橘系の様な爽やかな香り。

「オレンジ・サングイン」とかなり迷いました。
この香り、2014年フレグランスオブ・ザ・イヤー ラグジュアリーレディース賞 受賞というコロンで、これも私の
好きなオレンジ・・・
でも去年イタリアでアクア・ディ・パルマの「Arancia di CAPRI」(カプリ島のオレンジ)の香りを買ったので
今回はこちらを選びました。

トップが柑橘系でもだんだん香りが甘く重くなってくるものが苦手なんです。
JoMaloneみたいに香りが変化しないものが安心出来ます。
これもそう。ベースの柑橘系は変わりません。それも気に入っているところ。
香りの持ちもとても良いと思います。

a0027862_22115147.jpg
香りのサンプルで「Rose Anonyme」と「Oolang Infini」、購入した香りの「Cedrat Enivrant」をいただきました。

ローズもかなり良い香りです。「Oolang Infini」は、トップがベルガモント、ハートノートはoolang茶、レザー。
ベースノートがタバコの葉だそうです。
これを試した時、柑橘系で意外に爽やかなので驚きました。
これを男性がつけていたらふらふら~っとついて行ってしまいそうな程好みな香りでした。
つけている人が少なそうなのも良いですね
by mumo1229 | 2015-01-22 22:29 | 香り | Comments(8)