<< 世界遺産ハロン湾クルーズ ベトナムの食 >>
アンコールワット
アンコールワットを見学する際、個人旅行で行かれる方はどうやってまわるか私たちの例を参考にしていただければと思います。
選択肢はいくつかあります。現地でツアーを申し込む、車を1日チャーター、トゥクトゥクを1日チャーター、自転車orバイクをレンタルなど。私たちは車を1日チャーターしました。車の大きさによっても違いますがホテルから頼んでもらったのは運転手付きで1日2人で40ドル。結果的にはこれで正解だったと思います。
トゥクトゥク(バイクの後ろに人が乗れる荷台がついているもの)は暑いし、意外に速度が遅いので、夏にはおすすめしません。
自転車やバイクの貸出店もあちこちにありましたがこちらも意外に道が悪路で遠い為万が一パンクしても自転車/バイクを持って帰らねばなりません。なので相当ガッツがある人しかおすすめしません。

a0027862_13134397.jpg
写真はアンコールワットの入場券を購入する所。遺跡と少し離れたところにあるのですがこれも運転手さんに連れて行ってもらわなければわからなかったでしょう。
a0027862_13141090.jpg
道すがら、蓮を売っている人が多かったので「こちらの人は蓮を食べるの?」と聞いたところ毎日食べるとの事でした。
a0027862_13142669.jpg

葉っぱも食べるし、このサボテンみたいな形状のものの中には種が入っていて種を食べるのだそうです。
そういえばメニューにハスのサラダってあったな。

車の1日チャーターはアンコールワット、アンコールトム、タ・プロムをまわるルートに決められています。
アンコールワットだけだと半日ツアー。郊外にある遺跡もまわりたい時には追加料金or別途料金がかかると思います。

5月からは雨期に入っているそうなのですが、滞在中はずっと晴れていました。今が一番暑い時だそう。
アンコールワットのまわりも木々に覆われていて蝉がしゃあしゃあ鳴いています。
a0027862_13153836.jpg
暑さでくらくらきますがアンコールワットの建物の中には露出が激しい格好(ノースリーブやひざ上のスカート)では入れない場所もあるため注意が必要です。
a0027862_13182226.jpg


お昼を食べた後はアンコールワット近くのアンコールトムの遺跡へ。
a0027862_13194334.jpg
遺跡の中は広いのでその中のバイヨンという遺跡だけを見てまわります。
a0027862_13195252.jpg
こちらは人面系の遺跡が多し。

タ・プロームは遺跡がガジュマルの根に飲み込まれてしまっている様子が圧巻でした。
a0027862_13265746.jpg
映画「トゥームレイダー」にも出てきた遺跡です。
ここも距離があってまたまた暑い・・・もう暑すぎて歩く足がよぼよぼしていました。

なによりも車をチャーターして良かったのが運転手さんとの交流。
こちらの人は普段何を食べるの?とか観光客はどこの国の人が多いの?とか色々質問してしまいました。
観光客は韓国からの方が大多数なんですって。日本人は1割くらいだそう。(これはタクシーを利用した人っていう事でしょうけど)
あとは家での料理は味の素がないと始まらないって。カンボジアの味の素のテレビCMのまねをして笑わせてくださいました。
スーパーにも大容量の徳用袋が売っていたし、あのおいしい麺は味の素なのかな・・・と思ってしまいました。

運転手さんのうちではカメを飼っているそうで、カメ談義に花がさいてしまいました。
もけちゃんの写真を見せたら、カンボジアのカメは黄色いのにって驚いていました。
カンボジアの人はとてもフレンドリー。旅ではこういうふれあいも大事にします。
by mumo1229 | 2017-05-21 13:27 | ├2017ベトナム・カンボジア | Comments(4)
Commented by まき at 2017-06-02 22:51 x
一度は観てみたいと思いますが、なかなか行く機会はなさそうな気もします。
ちょっとインドネシアのボロブドゥールに似てるかも。
Commented by mumo1229 at 2017-06-04 19:09
to まきさん
是非行ってみてください!
私、インドネシアもタイも行ったことがないのですが
俄然行きたい熱があがっています
Commented by まき at 2017-06-05 18:21 x
あら、mumoさんが行ったことないなんて!
タイもインドネシアも楽しいですよ~👍
インドネシア(バリ島)の物価は相当上がってしまったようですが...
Commented by mumo1229 at 2017-06-05 22:05
to まきさん
アジアはまだ私にとっては未開発の地なのです。
物価が安いのは魅力ですね~
<< 世界遺産ハロン湾クルーズ ベトナムの食 >>