<< 2015/11/01 「まいに... 2015/10/31 「まいに... >>
CHEEKY 「let's get wet」
CHEEKYはイギリスのコスメブランド。
帰国してから知りましたがCOWSHEDと同じメーカーなのですね?
CHEEKYはとにかくパッケージがシンプルなのにかわいくて色々欲しくなってしまいましたが私が一番そそられたのがこれ

◆ CHEEKY 「let's get wet」
a0027862_15431967.jpg
ロンドンのセルフリッジで買いました、8ポンド。並びのデベナムにも置いてありました、シャワージェリーです。
a0027862_15444949.jpg

いや、これ本当に面白い商品でした。こんなの初めて。
私世界のいろいろなコスメを使っているので、新しいものを買ってもそう驚く事もなくなったのですが
これはびっくりしました。まさかこんなものだったとは!

シャワージェリーは身体を洗うものだというのは知っていました。
そしてボディソープの様になめらかに溶けて泡立つものだと思っていました、が、そもそもそこから違ってた。
手に取って体温であたためても寒天の様に溶ける事はありません。ものすごい弾力のあるジェリー。
a0027862_15432782.jpg
スポンジに乗せて泡立てようとしてもぼろぼろジェリーが飛び散るだけで全くうまくいかない。
a0027862_154404.jpg
これはどうやって使うものかと本当に悩みました。
そしてYouTubeでシャワージェリーの使い方を説明している海外の方が居てようやくわかりました。

その方の方法はというと、まずバスリリーにジェリーのかけらを乗せる。
a0027862_15441186.jpg
少しお湯を加えたらジェリーを包み込む様にして揉み込む。そうすると泡がたってきます。
a0027862_15442335.jpg
動画でも「普通にスポンジに取ってもジェリーがバスルーム中飛び散るので注意」と言っていました。
本当にその通り。
でもジェリーをたくさん加えても体中が洗える程の泡がたたず、液状になったジェリーを身体になすって洗うといった表現が正しいでしょうか。
今、日本のLUSHでも限定でシャワージェリーが発売になっているのですね。
この動画を見ていただければ感覚がわかっていただけると思います。そう簡単には溶けるものではないという事を。 →LUSH ナイトウイング

LUSHのナイトウイングみたいに手で持てる状態になっていれば良かったのです。
このシャワージェルも容器から全部出して同じように使って見ましたが柔らかすぎてナイトウイングみたいにはうまく出来ませんでした。
やはり少量手にとって泡立てるしかなかったです。

これはビタミンE入り、洗い上がりはしっとりなめらかなのですがなんとも使いにくいこと甚だしく、ジャータイプのシャワージェリーはもう買う事はないと思います。
by mumo1229 | 2015-11-01 15:46 | ボディケア(日本未発売) | Comments(0)
<< 2015/11/01 「まいに... 2015/10/31 「まいに... >>