<< RMK 「ダスティ ブライト ... chiep thrill部門1... >>
一足先にシャネル【オンブル ティセ】レポート
日本でもいよいよ9月30日に発売が決まりましたね。シャネルのオンブルティセ。
そろそろ予約も始まる頃ではないでしょうか。
a0027862_14583411.jpg
7月中旬、ロンドンのセルフリッジのシャネルカウンターで見つけ、今まで見たことのない程の美しいパレットだったので大興奮で即購入してしまいました。
帰ってきてからすぐにこの製品について書こうと思っていたのですが、またしてもだらだらして他のコスメなどを紹介して機会を逸してしまったので、どうせなら発売前にアップした方が購入を検討されている方の参考になるかなと思い今このタイミングで記事を書きました。

◆ CHANEL 「Ombres Tissees」
a0027862_1458428.jpg
44ポンドが免税で約5,000円でした、日本では7,560円だそうです。
とても美しいパレット。Iridescent Effects Eyesと書いてあったので「アイシャドウですか?」と聞いたらフェイスパウダーです、という答えが。
シルバーラメがたっぷり吹き付けてありますがこれは表面だけです。一回ブラシで取ったらラメは消えてしまいました。
a0027862_14591110.jpg
上からピンクベージュ、ブラウンぽいベージュ、ピンクの3色ですがそれぞれの色に違いはあまりありません。
a0027862_1459358.jpg
写真右が上のベージュで、写真左が下の段のピンクです。肌に乗せても違いがわかりづらいので指でがっつりとってみました。
a0027862_1511318.jpg
写真右の指が下のピンク、写真左の指が上の段のピンクベージュです。
こうやって比べてみると若干の違いがわかりますが、肌につけると大きな違いは全くわからないので私は3色を混ぜて使っています。

a0027862_153163.jpg
もう少しシアーなパウダーかと思いきや結構白っぽくつきます。アイシャドウのベースやハイライト、チークを使った後輝きを増すためにさっと上からつけてもよいと思います。私はアイホールに広めに伸ばす事が多いです。

ロンドンのセルフリッジのカウンターはメイクアップストゥディオなのですが、他のシャネルカウンターでは見かけませんでした。日本でもストゥディオ限定品ですね。

a0027862_1533338.jpg
見れば見るほどこのフォルム、美しいです。ファブリックの織り目の様にすごく細かい。
まるでクッションの様にほんのり真ん中が盛り上がっており、この線維の様な細かい模様は芸術としか言いようがありません。模様を崩してしまうのがもったいなくて右の方ばかりつかっています。
a0027862_1535943.jpg

右半分はほとんど模様が消えてしまいました。
買おうかどうしようか迷っている方、店頭で現物を見たらあまりの美しさに絶対買ってしまう事間違いなしです。
色名は#Beigeとかいてあったのでまた違う色も出るのかしら!と期待したりしています。

余談ですが、9月5日にロンドンのハロッズ(デパート)限定でPoudre Tisseeの#Brompton Roadというものが発売になりました。
a0027862_1553545.jpg
このパレット、オンブルティセの織り目模様と同じなの!
ちなみに色名のBrompton Roadとはハロッズの目の前の通りの名前です。
他にもRouge Allureでは#Kensington、#Hyde Park、#Belgravia、レーブルサンティヤントグロスでは#Chelseaというすべてロンドンの地名がついた製品が限定発売になっています。
どれも明るいピンクで私好みの色、ハロッズから取り寄せようかとも思ったけど日本で発売になるのを待つことにします。


      
by mumo1229 | 2011-09-11 15:14 | メイクもの | Comments(2)
Commented by イコ太 at 2011-09-11 16:05 x
こんにちは!
先日はコメントありがとうございました。

そして、オンブルティセの記事をありがとうございます!
私も予約はしているのですが
テスターが入ったという連絡はあったもののまだ見に行ってないので
じっくり記事を拝見させていただきました(笑)
こちら、フェイスパウダーというご案内だったのですね。
それですと大きさは
プードゥルルミエールグラッセなどと同じサイズなのでしょうか?
Commented by mumo1229 at 2011-09-11 17:35
to イコ太さん
こんにちは、こちらこそコメントいただきありがとうございます!
オンブルティセ、もう予約が始まったのですね。
ちょうど良いタイミングで記事アップ出来ました。
プードゥルルミエールグラッセは私は持っていないのでわからないのですが、
手持ちのSOHO de CHANELと同じ大きさでした。

ロンドンのカウンターではフェイスパウダーと言われましたが、
海外のBAさんは本当にテキトーな人が多いのでどんな風に使ったら良いのか
ただいま試行錯誤中です。(だって箱には・・・eyesって書いてあったし)
日本のブロガーさんの記事が一番信頼出来るのでそれを拝見して勉強しようかと思っています(笑)
<< RMK 「ダスティ ブライト ... chiep thrill部門1... >>