<< ロンドンの食 【1/4】 思いがけないX'mas... >>
憧れのモンサンミッシェル
年末の海外旅行でパリに滞在したのは12月29日から1月2日まで。年内はデパートなどのお店も営業していますが、
1月1日(祝日)と2日の日曜日はお店も閉まってしまい何をしようかと思っていました。
そこで前から行ってみたかったモンサンミッシェルへ日帰りで行ってみる事に。
1月1日はモンサンミッシェルの修道院もお休みなだったので1月2日に行ってきました。

通常はパリのモンパルナスから新幹線でレンヌまで行き、そこからバスに乗るコースが一般的なのですが、この日は日曜日でバスの本数が少なかった為、ドル・ド・ブルターニュまで新幹線で行き、そこからバスでに乗りました。
a0027862_13182193.jpg
天気が良くなかったのが残念でしたが遠くから見えてきた姿は本当に神々しくすごく感動しました。
a0027862_13185634.jpg

島は端から端まで200m程と小さいところなのです、頂上の修道院までは100m程の細い参道がありそこにおみやげやさんやレストランが並んでいます。(日本の神社の参道と同じですね)
a0027862_13191620.jpg
こちらの小道で目についたのは看板。各お店がそれぞれの店名とカワイイデザインの看板をかかげています。
a0027862_13193567.jpg
こちらの「POSTE」という書いてあるの看板は郵便局。馬に乗って手に郵便を持った人が
描かれています。看板を見ただけで何のお店だかわかりますね。
a0027862_13195837.jpg

モンサンミッシェルの名物はオムレツ。少ない卵を泡立ててふわふわにして焼くのだそうですが、旅行前に色々な方の旅行記や口コミを見てもおいしいといった評判は見あたりませんでした。
a0027862_13201570.jpg
何しろオムレツで3000円位ととても高いのです。1000円位だったら食べてもよかったんですけどねぇ。
「名物になんとか」ってやつでしょうか。

a0027862_13235545.jpg
頂上の修道院から撮った海の方。胃までは島全体が海に囲まれてしまう事はなくなったそうですが、満潮時にはかなり水位が上がるそうです。この日は潮が引いていました。

パリからここまでは日本で言うと東京から仙台、そこからバスで松島まで行く様な距離で日帰りするには結構遠いところなのです。
朝早くパリを出て戻ってきたのは夜7時頃。一日かけて行きましたが見所は小さい島の修道院だけなので
コストパフォーマンス的にはあまり良いとは言えません。
でも一度は行きたかった世界遺産なので行ってよかったです。


      
by mumo1229 | 2011-02-06 13:25 | ├2010 モロッコ/ロンドン/パリ | Comments(2)
Commented by RIHO☆RIHO at 2011-10-16 21:05 x
私も行ってみた世界遺産の一つです。
最近は引き潮・満ち潮に関係なく行けるそうですね。
なにやら道路を作ったのが原因で海の流れが変わったそうです。
今後またこの道路を無くして橋をかける形で道路を作っていくと聞いています。
いつでも行けるようにと考えたのが環境に悪影響を起こすのは悲しい話です。
Commented by mumo1229 at 2011-10-16 21:41
to RIHO☆RIHOさん
モンサンミッシェルはとても素敵なところでした。
でもパリから遠いので一日がかりになってしまいました。
帰りの電車が少し遅れたのですが、この日の夜に日本に帰る便に乗る事に
なっていたのでパリの駅について走りに走って汗びっしょりになってしまいました。

モンサンミッシェルに橋をかけるというTV、私も見ました。
以前の様に大きな満ち引きが見える様になればいいですよね。
<< ロンドンの食 【1/4】 思いがけないX'mas... >>