イストラ半島のリゾート地IZOLAへ
前回の記事ではイストラ半島を北上し、スロベニアに入ったところまでお伝えしました。

温泉のタラソ・ストランジャンに入って出てきたのが夜6時頃。
その日は宿を決めていなかったので近くにあるリゾート地、IZOLAに泊まる事にしました。
a0027862_1958315.jpg
この街、ノーマークでしたがすごく素敵なところでした。
小さな街なんだけど海がきれいで、ヨーロッパのリゾート地と言った感じでした。
a0027862_1958195.jpg
海に面したホテルマリーナ。
この街では東洋人が珍しいのかすれ違う子供がみんな私たちの事を凝視(笑)

ホテルのレストランで食事をしましたが、ここの海の幸は絶品でした。
a0027862_19591043.jpg
タコのサラダ、イカのフリット、エビのリゾットとここまでで量が多くてお腹がいっぱい。
a0027862_1959217.jpg


メインはスズキの塩竃焼。salted seabassと書いてあったらこんなすごいのが出てきました。
a0027862_19593141.jpg
中はほどよい塩味で身もふっくらしていておいしかったです。
私の旅の中での一番のお気に入り料理はこの日のリゾットでした、主人はここのイカフリットが旅で一番のごちそうだと言っていました。海の幸は日本人の口にも合いますよね。

なかなか行く機会はない小さな街ですが立ち寄れてよかったです。
# by mumo1229 | 2016-09-28 20:00 | 海外旅行記 | Comments(0)
イストラ半島を北上して温泉へ
クロアチアのPulaに着いた翌日から最終日まで車を借りて旅をしました。
この子が旅の相棒、オペル君。
a0027862_21193153.jpg
イストラ半島を北上し、Porec(ポレチュ)という街に立ち寄ります。
a0027862_21194589.jpg
ここは世界遺産のエウフラシウス聖堂があるところ。
a0027862_21195681.jpg
内部がモザイクの装飾になっていてとても美しかったです。
a0027862_2120989.jpg
ここでお昼を食べた後は国境を越え、スロベニアに入国しStrunjanという街にある温泉に行きました。
「Talaso Strunjan」というところです。
a0027862_21202277.jpg
ここは英語が通じなくて困った! 温泉の受付の方が英語をしゃべれず、3時間コース、1日コースなどが英語で書かれたパンフレットを見せてくれてコースを決めました。
3時間で1,000円ほどと安かったです。そして「タオルを貸して欲しい」と言ったのですがこれがまた全然通じない。受付のおばさんは私たちを中に案内してくれてロッカーの使い方だとかここがシャワーだとかジェスャーで色々説明してくれるのだけど結局タオルは通じず借りれませんでした・・
そんな事もあろうかとフェイスタオルを2つ持って行って正解でした。

a0027862_21281684.jpg
中は療養所?と思う程お年寄りばかり。私たちが帰る夕方頃からは若い人たちがどんどん入ってきましたが、みなさんおしゃべりしながら長い間プールに浸かっています。
一種の社交場の様ですね。ここは海が近いからか水はしょっぱかったです。
大きな温水プールと温かいジャグジー、外のプールもありましたが外は水だったので冷たくて入る事が出来ませんでした。
# by mumo1229 | 2016-09-25 21:28 | 海外旅行記 | Comments(0)
クロアチアのプーラへ
旅の1日目、ベネツィアからはフェリーでクロアチアのPulaまで移動しました。
a0027862_18535422.jpg
出発は17:00。国際線なのでフェリー乗り場の税関で出国のスタンプももらいます。
a0027862_18572587.jpg
位置関係はこんな感じ。
陸路だとイタリア-スロベニア-クロアチアと国境を2つも超え、なおかつイストラ半島には電車が通っていないのでベニスからトリエステまで電車で行き、そこからバスに乗ることになります。でもフェリーなら乗り換えの手間もなく楽ちんです。

ローマ広場近くにある大型フェリー乗り場ではなく「San Basillo」という船着き場から発着なのでヴァポレット(水上バス)でサンタルチア広場から20分くらかけて移動しました。
a0027862_1854285.jpg
ジェットホイル船。この写真は前側部分。同じ座席が後ろ部分にもあり、2階建てですが船は満員でした。
a0027862_18545346.jpg
3時間の船旅でPulaへは20:00着です。
a0027862_185513100.jpg

この日は中秋の名月。プーラで一番の観光名所、円形劇場とお月様。
ローマのコロッセオほど大きくはないけれどとても立派、ライトアップしていて綺麗でした。
中は座るところもあってオペラや劇場としても使われている様です。

プーラは静かでとても良い街でした。
# by mumo1229 | 2016-09-24 18:55 | 海外旅行記 | Comments(0)
日本へ戻りました
昨日クロアチアから帰ってまいりました!
東京寒いっすね。一気に秋が進んでいて驚きました。

今回の旅は東京からまずベネツィアに入りました。
a0027862_23295048.jpg

なぜって? その飛行機代が一番安かったから。
行きはモスクワ経由ベネツィアまで、帰りはクロアチアのザグレブからモスクワ経由成田までで往復一人10万円以下でした。
KLMとかだと一人6万円くらいアップしてしまうのでアエロフロートに決めました。

ベネツィアは私は4回目。相変わらずすごい人でした。
a0027862_23254130.jpg
リアルト橋とか大混雑で全然前に進まない。ヴァポレット(水上バス)もぎゅうぎゅう詰めでした。
ヨーロッパのリゾートシーズンからも少しはずれていると思うのですがベネツィアは相変わらずの人気都市ですね。

この日は急に雨がザーッと降ったり晴れたりと安定しないお天気でした。

a0027862_23261782.jpg
ランチはおいしいシーフードをいただき、街をぶらぶらしたらその日は夜から隣国に移動しました。
続きは次回。
# by mumo1229 | 2016-09-23 23:26 | 海外旅行記 | Comments(2)
遅めのなつやすみ
今日から遅めの夏休みでスロベニアとクロアチアに行ってまいりまーす。
a0027862_17413151.jpg
この記事が投稿されている頃には飛行機の中だと思います。

スロベニアってどこ? スロバキア?と思う方も多いと思います。
スロベニアは98%日本人が行かない国、なんて書かれ方をしているところもありました。
クロアチアの北、イタリアの東、オーストリアの南に位置しているこじんまりとした小さな国です。
案の定会社の人にスロベニア行ってくるって言ったら「どこ?」と聞かれました。

最近はクロアチア観光の間にブレッド湖やポストイナ鍾乳洞へ行くツアーもよく見かけますが、確かにスロベニアをじっくり宿泊して観光する人は少ないかもしれません。
友達にも「またレアなところへ・・」と言われました。

今回は7泊9日、隣国のクロアチアとスロベニアでビーチと温泉を満喫してまいります。
現地からも投稿できたら写真をアップしたいと思います。
# by mumo1229 | 2016-09-14 20:43 | 海外旅行記
CATTIER 「シャンプーCH、コンディショナーCH」
カティエさんから頂戴しました。

◆ CATTIER 「シャンプーCH、コンディショナーCH」
a0027862_17403439.jpg
こちらの製品は7/25に新発売になったものです。
「Biople by コスメキッチン」で限定販売されています。メーカー様によるととても評判が良いそうですよ。

カティエはパリ発祥のオーガニックブランド。
全製品オーガニック認定を取得しているカティエ、SULFATE(硫酸塩)フリー、シリコンフリーです。

硫酸塩はカラーの退色に影響するとの事で欧米のカラーケア用シャンプーではサルフェートフリーが常識。

私、シリコンフリーのシャンプーはあうあわないがはっきりしていて、あわないものは髪がごわごわになってしまうのですが、これは大丈夫でした。
洗うときはシリコンフリー特有の泡立たないきしきしした感じがするのですが、洗い上がりの髪は広がりすぎず、するっとまとまります。

配合されているアミノ酸とペプチドを含むコメプロテインが髪のケラチン繊維を保護してくれるそう。
オーガニックのホホバオイルとアロエベラエキスがツヤを与えて柔らかな仕上がりにしてくれます。これがごわごわにならない秘密だったのですね。

カラーしてから1週間位は必ずカラー用シャンプーを使ってくださいね、といつもカラーリストさんにもいつも言われているのですが、本当に私もそう思います。
色持ちが全然違うの。
シャンプーは250mlで1,600円、コンディショナーは150mlで1,800円とお値段も手頃。
ヘアケアにしては珍しいベリーの香りがとても心地よいです。おすすめです
# by mumo1229 | 2016-09-11 17:41 | ヘアケア | Comments(2)
Spa Treatment 「Beauty Lash」
ちまたではすっかり定着している製品ですがやっと使い始めました。
まつげ美容液です。

◆ Spa Treatment 「Beauty Lash」
a0027862_2120612.jpg
最近まつエクがすごくとれやすくなって、2週間くらいでまばらになってしまうのです。
毛周期の問題かなと思ったのですが、あまりにぱらぱらと落ちてしまうので
やっとまつげ美容液を使い始めました。
美容師さんにすすめられた製品が2つあったのですが、そのうちの一つがこれ。

a0027862_21201993.jpg
朝晩1ヶ月くらい使っていますが、効果はうーんという感じです。
私はもともと地まつげの本数はすごく多いのですが、それが太くなったとか長くなったという印象は今のところないかな~
でも前回よりまつエクの保ちが良いのでそういう意味では効果があったのかも。

アメリカの製品ですが、製品名で検索するとアメリカのサイトにはたどり着けませんでした。
というのは本国では「Nutraluxe Lash MD」という名前で販売されていたからでした。
アメリカでは1.5mlで49ドルなので日本の世紀代理店と値段は同じくらいですね。

1本使ってなくなったらまた違うものを試してみます。
# by mumo1229 | 2016-09-07 21:21 | メイクもの | Comments(0)
ベキュア 「ホワイトクリア デュアルブライト エッセンス c」
不安定な天気が続きますね、でもまだまだ暑さは続きそう。
こちらは今使っている美白美容液の中の一つ。

◆ ベキュア 「ホワイトクリア デュアルブライト エッセンス c」
a0027862_20535573.jpg
今年の春に発売になった製品です。30ml 7,560円
ゆる~い美容液です。
a0027862_20535895.jpg
先日紹介したメナードのフェアルーセントホワイターエッセンスと同じくらいのゆるさ。
あちらは化粧水として使っていますが、この美容液も化粧水として使っても良いくらいゆるいです。
美白+ハリケアも出来る美容液だそう、スイカズラエキス、ユズ果実エキス、ローズマリーエキスなどが入っています。

メナードのエッセンスと一緒に使うようになってから、肌が水分でひたひたと満たされる実感があります。
白さに関してはうーん、どうかな。
透明感が出るようになったという点では白くなったと言えるのかもしれません。
べたべたしなくてみずみずしいので、HAKUは重いと感じる暑い日には重宝しています。
# by mumo1229 | 2016-09-04 21:11 | スキンケア | Comments(0)
アンプルール 「ブライトニングバー」
少し前にいただきました、絶賛愛用中です。

◆ アンプルール 「ブライトニングバー」
a0027862_21335726.jpg
80g 2,500円 フェイスとボディに使える石けんです。
「美白」と言えばアンプルールという程美白に定評のあるブランドですよね。
こちらは酵素の力で角質を穏やかにオフするという石けん。

a0027862_21341248.jpg
固練りの石けんで手だけで泡立てるよりもネットを使った方がよりしっとりとした濃密な泡がたちます。
使ってる時キュッキュッとするのが個人的にはすごく好み。
a0027862_213714.jpg
さっぱり洗えるので夏向きの石けんだと思います。
朝晩、毎回の洗顔では使っていませんが2日に1~2回ほどの頻度で使用しています。
刺激もなく穏やかに角質ケアしてくれるのはとても良いですね。
肌のトーンも明るくなった気がします。
# by mumo1229 | 2016-08-31 21:37 | スキンケア | Comments(0)
WABIO 「ステム アクティブ エッセンス」
「これ、コンセプトが面白い製品なの、使ってみて」と知り合いからいただきました。

◆ WABIO 「ステム アクティブ エッセンス」
a0027862_21111158.jpg
使用量は1滴。ヒト幹細胞美容液なるものがリフトアップを実現させるそう。
ヒトの幹細胞から分泌される、肌本来の再生機能に着目した成分なんですって。

15mlで20,000円! 口コミの評価はわりと良いですね。
ヒアルロン酸、ビタミンC、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスの3つの成分が時間差で効いてくるとの事。
a0027862_21112243.jpg
さぞかしこってりするのかと思いきやそれほどでもありませんでした。
a0027862_2112352.jpg
さらりとしているのにみずみずしく潤う、そんな感じです。

最近ほうれい線が口の横の方まで伸びてきて、海外で言うところの「マリオネットライン」というやつが幅をきかせてきております、これが効けば良いな~と思いながら使っています。
30日間返品保証の製品ですが、やはり20,000円という値段はちょっと手をだしづらい・・
小さなサシェ数個で販売してくださると初めての方も使いやすいのではないかしら。
# by mumo1229 | 2016-08-28 21:13 | スキンケア | Comments(0)
メナード 「フェアルーセント 薬用ホワイター エッセンス」
いただきものです。評判がとても良い製品なのですね。

◆ メナード 「フェアルーセント 薬用ホワイター エッセンス」
a0027862_21471395.jpg
メナード、自分的にとても興味があったブランドですが使うのは初めてでわくわくしました。
100ml 10,000円。
a0027862_21473498.jpg
テクスチャーはとろみ化粧水といった感じです。
美容液にしては少しゆるいと思います。
美容液と書いてありましたが容量も多いし化粧水として使っています。
とろみはありますが、みずみずしくてぐんぐん肌に吸い込まれる感じ、それでいてべたつかないです。
自腹で買ったらこんなにたっぷり使えないと思いますが、でもやっぱりこれはちびちび使う製品じゃなくてたっぷりものなのだと思います。

夏はトナーみたいなさっぱり系ばかり使用していたので、相当肌が乾燥していたのかしらとちょっと反省しました
a0027862_21472560.jpg
これを使用してから肌に透明感が出てきました。
次に使うものの吸収もとても良いです。気に入りました。

メナードって日本のブランドなんですね。というのはパリのオペラ座近くにメナードの大きなショップがあるのを見ていたのでパリのブランドだと勘違いしていました。
パリのお店は日本メナードの店舗なのだそう、びっくりしました。
日本でもデパートとかにカウンターがあったらもっと手に取りやすいのにな。
# by mumo1229 | 2016-08-24 22:26 | スキンケア | Comments(0)
Addiction 「リップスティック ピュア」
こちらもいただきものです、限定品なので急いで紹介しなければ。

◆ Addiction 「リップスティック ピュア」
a0027862_1151495.jpg
8/5に発売になった限定色です。
写真左が#010 Circus Girl 、右が#012 Gypsy Woman
どちらも超~好みの色。店頭で試していたなら決めきれずに両方買ってしまう事でしょう。
a0027862_1151645.jpg
上が#010、下が#012。
手に乗せるとしっかり色がつく様に見えますが非常にシアーな色合い。
私の素の唇の色が赤めなので輪郭をコンシーラーでつぶしてからペンシルでラインをとって塗っています。

クリーミーなのに口紅特有の重さもなく好きな感触です。
どちらも青みピンクなのでとても私には合っていると思います。
もう少し秋が深まったら出番が多くなりそう。
# by mumo1229 | 2016-08-21 21:49 | メイクもの | Comments(0)
ASHLEY & CO 「Wash Up」
ニュージーランドのオークランドで買ってきました。

◆ ASHLEY & CO 「Wash Up」
a0027862_21554169.jpg
ASHLEY & COはニュージーランドのコスメブランドです。
こちらはハンドソープ29.95NZドル(約2,200円)。
500mlと大容量なのに値段は手頃です。この「Parakeets & Pearls」は限定の香りでした。

アロエヴェラとグレープフルーツの種配合。
香りはグリーンティ、ホワイトリリー、ライムと書いてあったのですが、結構甘めの香り。
手を洗った時はほんのり香りが立つのに手に香りは残らないので料理の前でも使えます。
ぬるつかないし、乾燥もないです。
大容量なのでボディソープとして使ってもいいかなと思ったのですが、ハンドソープとして完璧の働きをしてくれているのでハンド専用で使っています。

a0027862_21585771.jpg
このブランド、容器がイソップっぽいなと思いました。
イソップってオーストラリアのブランドだけどNZでは全く見かけませんでした。
MORとかジュリークなんかの他のオーストラリアコスメはあちこちでみかけたのに不思議でした。

帰ってきてから調べたのですがオークランドにも数店舗売っているところはあったみたい。
でもセレクトショップみたいなところばかりの扱いだったからNZでは日本ほどは知名度は高くないのかもしれません。
# by mumo1229 | 2016-08-17 22:02 | ボディケア(日本未発売) | Comments(2)
Addiction 「トップコート」
少し前にいただいて使っているものです

◆ Addiction 「トップコート」
a0027862_213249.jpg
8/5に発売された限定3色をいただきました。
左から#009 Foggy Love、#010 Coral Haze、#011 Pink Cloudです。
1,800円(税別) アディクションのネイルのブラシは本当に塗りやすくて大好きです。
真ん中と右の色なんてネイルエナメルと思いきや実はすべてトップコートなんです。
a0027862_21332858.jpg
わかりにくいかなー、一番左が元のネイルだけ、中指から小指にかけて上から009、010、011を重ねました。
#009の「Foggy Love」は本当にマットな仕上がりになります。
010はピンクっぽさも残しつつのハーフマット、小指の#011が一番ツヤがあるかな、でも違いはわかりにくいです。
手持ちのネイルに重ねて使えるから重宝します。
秋に向かってこのマット質感はとても新鮮です。
# by mumo1229 | 2016-08-14 21:35 | ネイル | Comments(0)
OLAY 「White Radiance Protective Cream」
通販でコスメを買ったときにオマケでついてきたものです。

◆ OLAY 「White Radiance Protective」
a0027862_10465100.jpg
SPF24のデイクリーム。
私がよく愛用する通販サイト、ストロベリーネットでペリコン先生のクレンザーとトナーをリピートで買った時におまけとしてついてきたものです。おまけですがなんと現品!
ここのサイト、プレゼントが豪華で時には有名ブランドのアイシャドウパレットの現品だったり、リップ現品だったりします。
ちょこちょこチェックしておまけが自分の欲しいものの時に買ったりしています。
ストロベリーネットは香港の会社ですが、色々な国から商品が届きます、過去には香港、北米、マレーシアなどから届きました。今回荷物が来たのはスウェーデンからでした。

このOALYのデイクリーム世界で色々なボトルがあるみたいです。調べてみましたが、私が持っているものは
インドやアラブ首長国連邦で売られているものと同じパッケージですね。

a0027862_10475644.jpg
このクリーム保湿力がはんぱない。
海外の日焼け止め(保湿もの全般)は油分が多いものが多いのですが、やはりこれもそう思います。
a0027862_105063.jpg
っていうか、日本の日焼け止めって本当に軽いつけ心地でみずみずしいのでそれと比べるとどうしてもそう感じてしまいます。でもOLAYのこのクリーム私は嫌いではありません。
さすがにこの1~2週間は暑くてこのクリームには手が伸びませんが、真夏以外だったらとても良いと思います。
インドみたいに高温多湿な気候なところで売ってるくらいだから(インドも北と南では気候が違うけど)日本人にも合うと思います

OLAY製品はアメリカやヨーロッパ、本当に世界各国で売られていますね。日本で売っていないのが不思議なくらい。
私が以前からOLAYに関して疑問に思っていた事があって、このブランド、ドイツだけは「OLAZ」っていう名前なんですよ。
はじめは巧妙な偽物か!?と思いましたが、wikiにも「ドイツではOLAZで販売」と書いてあったのでほっとしました。
ヨーロッパ各国を巡る旅をする方だったらあえて珍しいドイツのOlaz製品を手に入れるっていうのも面白いと思います。
# by mumo1229 | 2016-08-11 10:42 | メイクもの(日本未発売) | Comments(0)
Linden Leaves 「Body Oil」
ニュージーランドで買ったコスメで一番気に入ったもの。

◆ Linden Leaves 「Body Oil」
a0027862_19395515.jpg
リンデンリーブスというブランドのボディオイルです、帰国して調べたら日本にも上陸していた・・orz
オークランド空港で24.95NZ$(約1,900円)、そして日本では2,000円。
値段も全然違わなくてまたしても大ショック。

Linden Leavesといえばこのオイルが有名。
a0027862_1940343.jpg
写真は日本の公式サイトよりお借りしました


ビジュアルでやられますよね。このかわいさ。
ローズやラベンダーも良かったのだけどやっぱりシトラスが一番好き、という事で「pick me up」を選びました。
a0027862_19402896.jpg
オーガニックのローズヒップオイル、アボカドオイル、スイートアーモンドオイル、アプリコットオイルなどが入っています。
私が買ったミニサイズはオレンジ?片が1つしかはいっていませんが大きいボトルだと色々なフルーツが入っていてビジュアル的にもますます魅力的。
このオイル、すごくなめらかで良いです。べたつかず、かといってさらっとしすぎず程よいしっとりさ加減なのです。
今まで使ったボディオイルの中でも一番好きかも。香りもほのかで残りすぎません。

オークランドの街中のデパート「Smith + Caughey's」ではテスターが出てなかったので奥から出してもらったのです、においをかいでみたらどれも油がやけた香りでこれはすぐ劣化するのだなと思い買うのは思いとどまりました。
そして空港にあったテスターを試してみたらすごく良い香り! という事で購入に至りました。
きっと劣化も早いでしょうから早めに使おう!と思ったのですがあっという間になくなってしまいました。
a0027862_19412541.jpg
これなら大きなボトルを買ってもよかったかもと思いました。やっぱりこの見た目、アガるわ~ かなりのおすすめです。
# by mumo1229 | 2016-08-07 19:46 | ボディケア | Comments(2)
a day 「フォーミングハンドソープ」
春くらいに伊勢丹で買ったものです。

◆ a day 「フォーミングハンドソープ」
a0027862_2058329.jpg
アデイは日本のブランドです。
手頃な値段のハンドソープを探していてビューティーアポセカリーで尋ねてみたところこちらを紹介してくださいました。
1,600円(税抜)。
高知県室戸岬沖で取水された海洋深層水と10種類以上の植物由来成分配合。
香りは3種類ありました。フィグ&ローズ、レモングラス&ライム、ライチ&ローズ。
私が選んだのはレモングラス&ライムです。

a0027862_20582573.jpg
柑橘系の良い香り。泡で出てくるタイプはらくちんで良いですね。
洗い上がりもすっきりしているのにしっとりしていて気に入りました。
今はニュージーランドで買ってきたハンドソープが3~4つあるのでリピートはしませんが、在庫がはけたらまた買ってもいいかな。
レフィルは2つ分入っていて2,160円なので容器はとっておこうと思います。
# by mumo1229 | 2016-08-03 20:58 | ボディケア | Comments(0)
Perricone MD 「Neuropeptide Eye Therapy」
去年ロンドンで買ったものもやっと最後。(のはず・・)
ペリコン先生のコスメ5品のうちの1つです。

◆ Perricone MD 「Neuropeptide Eye Therapy」
a0027862_1825542.jpg
シワ、クマ、ハリすべてに効くというアイクリームです。
128ポンド(約24,000円)。後から考えたらとてつもなく高い製品でした。
免税したけどそれでも2万以上。アメリカでも160ドルの製品です。

ペリコンのアイケア製品、いつの間にかラインナップが8品にもなっていました。
使ったことがあるのはCold Plasma Eye、Vitamine C EsterのEye Area Therapy(今は名前が変わっています)、Alpha Lipoic Acid High Potency Eye Area Therapy(今は名前が変わっています)の3つ。

ニューロペプチドはペリコンのスキンケアの中でも一番高級なライン。
a0027862_18251053.jpg
日本では「ペプチド」と発音しますが、あちらでは「ペプタイド」。
はじめ何を言っているかよくわかりませんでした。
今まで使ったものの中では一番はしっとりしていたと思いますが、感触は軽めです。
a0027862_1825881.jpg
同じ時に買ったRodialのアイクリームはしっとりしているのにシワが出たのですが、こちらは冬の間シワは出なかったので気に入りました。
ペリコン製品特有の魚くささもなく使いやすいと思います。
せめて15,000円くらいだったら買いやすいのにね・・
ペリコンのクリームやセラムは即効性のあるものが多いのですがやっぱりこれも値段の高いわりにはそれほどの驚きはなかったかな~
今までのアイケア製品も、良かったといえば良かったのですが、ものすごく良かったかというとそれほどまでの感動もなく・・
今回もそんな感じでした。

これで24,000円だったら,000円くらいでも良いと思うものはたくさんあるのにと思いました。
リピートはちょっと微妙です。
 
 
 
# by mumo1229 | 2016-07-31 18:26 | スキンケア(日本未発売) | Comments(0)
Crabtree & evelyn 「Jojoba Oil Conditioning Hand Wash」
日本でのおなじみのクラブツリー&イヴリン、こちらはオークランドで買いました。

◆ Crabtree & evelyn 「Jojoba Oil Conditioning Hand Wash」
a0027862_1745364.jpg
ホホバオイル配合のハンドウォッシュです。
日本でもホホバオイルラインのボディウォッシュは売っているのですがハンドウォッシュは日本未発売。

クラブツリー&イブリンはニュージーランドでも多く売っていました。
やはりイギリスブランドのコスメはモルトンブラウン同様ニュージーランドではよく見かけました。
35NZドル(約2,600円)
a0027862_17441743.jpg
香りはウッド、ハーブ&シトラスがどれも主張しすぎずに調和しています。
すごく良い香り。ハンドソープはあまりきつい香りのものは選ばない様にしていますが、これは香りもほのかですごく好きです。洗った後もお肌しっとり。

ボディソープとはどう違うのかなー。
ボディソープはバブルバスとしても使えると海外のサイトに書いてあったから泡立ちがもっと良いのかもしれません。

日本に上陸しているブランドでも日本に売っていない製品はよーく探しているとぽつっと見つかるんですよ、そんな時は宝物を見つけたみたいでうれしくなっちゃいます。
# by mumo1229 | 2016-07-27 21:43 | ボディケア(日本未発売) | Comments(2)
Ingrid starnes 「Vetyver Bergamot, hand cream」
こちらニュージーランドのブランド、日本未発売です。

◆ Ingrid starnes 「Vetyver Bergamot, hand cream」
a0027862_17411248.jpg
ハンドクリームです。
49NZドル(約3,700円)
帰国してから知ったのですが、「Ingrid starnes」はアパレルブランドなのですね。
そのスキンケアラインの様です。洋服もシンプルでとても素敵です。
ニュージーランドとイギリス、香港で買えるみたいです。

a0027862_17412091.jpg
ベチバーとベルガモットのオイル、あとはNZらしいマヌカハニー、ゴートミルク、アロエベラ、
配合されています。
a0027862_17413315.jpg
これ大当たりでした、ベチバーのウッディな香りとベルガモットの爽やかな香りがとても心地よい。
すべて植物性の原料を使っているハンドクリーム。製品名にもall naturalとついています。
つけた後もぬるぬるしないでしっとり。
深いジャータイプの容器のハンドクリームって珍しいですよね。会社のデスクに置いていますが
ハンドクリームには見えないスタイリッシュなボトルもお気に入り。
買って良かったです。
# by mumo1229 | 2016-07-24 17:42 | ボディケア(日本未発売) | Comments(0)